タグ:オーブンミトンのお菓子 ( 107 ) タグの人気記事

雨の日の朝は空と一緒にひきこもって

今朝、まとまった雨が久しぶりに降りました
お湿りが欲しいのは確かですが、朝夕の通勤の時間(空の散歩の時間でもあります)だけ止んでいてくれたらなぁ・・・と、思いました
b0254207_16210534.jpg
雨合羽着せられて非常にテンション低い空のお出かけ姿
後頭部が不機嫌さを物語っています

雨の時は空の必要不可欠な散歩以外は、外を見ながら家の中でじっとしているのが良いのです
何故なら雨の日は気圧のせいか、ぼーっとしていて転んだりつまづいたりしやすくて・・・これも一種の自損事故
整体に通いだしてからは、こういう怪我がなくなったものの、用が無ければ出かけないのが安全です

午前中、そういうわけで散歩の後は台所にこもってサブレ作り
b0254207_16212397.jpg
バターに粉糖を合わせた後、泡立てて、卵白も加えて泡立てて、最後に粉を入れて混ぜて絞るサックリ軽いサブレです
このサブレは「嫌い」とおっしゃった方は今のところいらっしゃいません
特に特徴があるわけではありませんが、みんなに愛される食べやすいお菓子です
b0254207_16211404.jpg
甘いお菓子があるのなら、もう1つ塩味のお菓子も必要♪
b0254207_21354116.jpg

これはミモレットとアーモンドのサブレです
甘いもの、しょっぱいもの、甘いもの、しょっぱいもの、そして、甘いもの・・・と、悪い循環になりそうですが、こちらは10日ほど前に自宅レッスンで作った生地の残りを焼いたものです
冷凍庫でしっかり保存しているつもりでも、鮮度は落ちていきますから

さて、これらの小さいお菓子を袋に詰めて、明日からちょっと出かけてきます
今週末、義父の七回忌がありますので、連休で道路が混まないうちに帰省します
1年ぶりに空気を通す京都の家、庭の笹や木の様子を見て、必要なら剪定
雑草は・・・確実に引き抜き作業が必要でしょう(;´∀`)
京都の家に戻る前に、ちょこっと遊んで行きます
空ももちろん一緒にね

皆様よりお先に連休ライフを始めてまいります
また1週間後ぐらいにこのブログに戻ってきます
では、楽しい週末をお過ごしください(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-25 21:05 | 小さいお菓子 | Comments(0)

苺のショートケーキ

昨日は仲良しグループChiさん、Kuさん、Kaさんのレッスン日♪
ご希望のメニューは『苺のショートケーキ』、ジェノワーズを焼いて、ポンシュを打って、苺をサンドして生クリームでデコレーション
Chiさんは2年ほど前のクリスマスに一度同じメニューをなさっていたので、今日はココア生地に変えて復習会
KaさんとKuさんは初トライ

Chiさんは2回目とあって、さすがに作業の流れを頭に入れていらっしゃっていました
仕上がったケーキはこちら
b0254207_23512807.jpg
Kuさんもこのとおり(*´ω`*)
b0254207_23513775.jpg
Kaさんもこのとおり(*^-^*)
b0254207_23512015.jpg
3つ一緒に記念撮影です(∩´∀`)∩
b0254207_23510727.jpg
作業はこの通り順調に無事に終了しましたが、実は作業の途中で大ハプニング発生!
なんと・・・庭に放してあった空が裏庭の生垣の隙間からお隣さんの庭に侵入し、そのまま逃走(?)
今日は結構暑かったので木陰か車の下にいるのだろうと思っていたら、脱走
作業を一旦中断して、空を探しに飛び出ました
まずは道路まで出て名前を呼んでみましたが見当たらなかったので、車を取りに戻り、道路に出たところで、遠くにそらを見つけました
すぐに優しい声で呼び寄せて、ひきつった顔で「お帰り、どこ行ってたのかなあぁぁぁ?」
空は「ヤバっ・・・」という表情で一緒に戻りました
その後は、もう自由にはさせておきませんでした
b0254207_23505775.jpg
「ちゃんと帰ろうと思ってたのに、帰る前に母ちゃんに見つかっただけだったのよ」と、いう反省なしの顔ですね
Kaさん、Kuさん、Chiさんにはご心配おかけして、作業も中断させてしまい申し訳ありませんでした

このようなハプニングがありましたが、おかげさまで上にUPしたような素敵な仕上がりになりました
b0254207_23504772.jpg
先月はChiさんの体調が良くなくお休みなさいましたが、今月はこうして3人一緒にお菓子作りが出来て嬉しかったです
今年の12月のメニューは、このショートケーキの復習でもいいかもしれませんね(ΦωΦ)フフフ…

・・・今頃から年末の話をするなって?

いいえ、時間のたつのははやいものです
だってもうすぐ2018年の3分の1が終わるのですから

Kaさんから嬉しいいただきものです
自家製お野菜と自家製のシナチク!
b0254207_13413380.jpg
このピリ辛味噌味のシナチク凄いです~ 
瓶をあけて1つ食べた途端、手と口が止まりません  
Kaさん、ご馳走さまです 注意しながらいただきます

Kuさん、Chiさん、Kaさん、昨日も楽しい時間を有難うございました
またお会いできるのを楽しみにしております<(_ _)>

昨日は、レッスンの後、夕食に天久保の愛寧シャオチーさんへ主人と行きました
オーナーさんが「2~3日前の朝、ハナマサであなたを見たような・・・声かけようかと思ったけど、でも、違ったらよくないし」と
そうそう、火曜日の朝、ハナマサへ野菜を買いに行っていました
なーんだ、声をかけてくださったらよかったのに(*^-^*)

私は担担麵、主人は青椒肉絲定食
b0254207_13415412.jpg
そして、絶対外せない干豆腐
b0254207_13421456.jpg
お腹いっぱい食べて、オーナーさんの笑顔に見送られて帰りました
ホント、良い1日でした

さて、昨日で4月の自宅レッスンは終了しました
5月ものんびりとレッスンを続けたいと思います



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-21 13:51 | Cake | Comments(0)

バニラ・パウンド

まもなく3月が終わります
1月は1年が始まる月
私にとっては4月はこれからの1年を始めるという気持ちが湧く月
b0254207_18155198.jpg

・・・のはずなのですが、今年はどうもその気持ちがほとんど湧いていませんでした
やる~気ない気分からいかに脱しようかと・・・ずっとお菓子作りを一緒にしてきたMieさんのブログをのぞいてみました
Mieさんはしばらくブログを休憩(?)なさっていましたが、昨夜拝見したら、なんと更新なさっておいしそうなお菓子がUPされて」いて「今までで一番楽しくて、今までで一番美味しくできました」と、Mieさんらしい! 

更新されたブログを数日さかのぼると、ガトー・ショコラを発見
なんと私が自宅でHさんとガトー・ショコラを作っていたのとほぼ同じぐらいの日
遠くに離れているMieさんと同じようなお菓子を作っていた偶然がなんだか嬉しい♪

それで急に「あ、あのお菓子を作りたい」と思い、そう思ったら作りたくて仕方なくなり、バターを思い切り泡立てて焼きました
b0254207_18435332.jpg
なんて久しぶりのバニラ・パウンド
Mieさんと一緒に通っていた小金井の先生のお菓子
でも、残念ながら混ぜ方を忘れてしまったようです
b0254207_18154360.jpg
くちどけの良くない残念な仕上がり
いくら久しぶりだといっても、これは落ち込みましたわ
b0254207_18155902.jpg
落ち込んでいるより、また練習すればいいのですね
でも、正しい混ぜ方を忘れてしまったのは確かです
続けていくことの大切さ、これも久しぶりに痛いほど思い出しました

ちょっと暗い気持ちを持ちながら、KさんとAさんと天久保の愛寧さんへランチに
お二人の顔を見て、愛寧さんのメニューを見たとたん、一旦暗い気持ちは置いておいて、「さぁ、注文しましょー!」
無茶単純でしょ

愛寧の女将さんが「好久不見了」と、声をかけてくれて、注文した干豆腐、にんにくの芽の牛肉炒めが運ばれ、
b0254207_18161244.jpg
大盛りもわかめスープも登場し、
b0254207_18162230.jpg
そして最後に出てきたのがこの超大盛り魯肉飯定食
b0254207_18163184.jpg
いくら3人で分けるといっても、この大盛は想像を絶する量でした
誰ですか?こんな大盛を注文なさったのは

食事を終えて、近くの公園に咲いている桜を愛でつつつ

b0254207_18165163.jpg
3人で向かっていったのはチーズ屋さん
b0254207_18170532.jpg
今日は短い時間でしたが、AさんとKさんとお会い出来、Kさんの香港旅行のお話を聞けて楽しかったです
良い気分で家に帰って「そうだよね、練習不足で上手くいかなかったからって、そりゃ仕方ないでしょ~(*´з`)」
b0254207_18171749.jpg
残っている課題があることを思い出しました
そうそう、自分の出来ていない部分を探して少しでも出来るようになり、苦手な部分もクリアするという課題があるのです
練習を続けていかないと、クリアできないどころか、バニラ・パウンドのように逆行してしまう
来年の今頃にはこの課題がクリアできているようにまた今日から練習ですわ (*´ω`*)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-03-29 21:02 | Cake | Comments(0)

ガトー・クラシック・ア・ラ・フランボワーズ

今日は自宅レッスン日でした
お越しくださったHさんの御希望はHP『楽しいおやつ』から「ガト・クラシック・ア・ラ・フランボワーズ」♪

溶かしたチョコとバターと温めた生クリームを卵黄と砂糖に混ぜ、そこにココアと薄力粉を加えてスタンバイ
粉類を加えた途端、卵黄生地が驚くほどギュッとしまります
メレンゲを作って、スタンバイしてあるギュッとしまったチョコ生地とシツコイほどによく混ぜます
このシツコイほどにメレンゲを混ぜ込むことがポイントです
今日の材料で12cm型2台、あるいは6cmセルクル8台できます
Hさんは6cmセルクルをたくさんお持ちでしたので、ご持参いただき、8台作りました
b0254207_20245183.jpg
Hさんのお手持ちのセルクルは直径6cm、高さが4.5cmのものと4cmのもの
高さが少々足りなくても、中にクッキングシートを入れれば大丈夫です
b0254207_20244198.jpg
私は試食用に10cmセルクル1台と6cmセルクル1台で御用意
下の写真は10cm型です
b0254207_20250207.jpg
オリジナルのルセットでは、使用するチョコレートがカカオ50~55%のものでしたが、私は64%のゲアキルを使っています
甘さ控えめで、名前通りクラシックな食感に仕上がります
食べる時には、ザッハトルテのように砂糖を加えない生クリームを添えて
b0254207_20240748.jpg
Hさんから嬉しいいただきものが2つ!
まず1つ目は従弟さんのお家から烏骨鶏の卵とブラジル系のアローカナの青色の卵です
b0254207_20235548.jpg
どちらも珍しい卵です
食べるのがもったいない感じ・・・(ФωФ)フフフ・・・

烏骨鶏って、まじまじ見たことが無かったのですが、Hさんに従弟さんの烏骨鶏の写真を見せていただいて驚きました
真っ白でふわっふわ・・・アンゴラうさぎさんのようにふわっふわ
白いプードルさんのヘアスタイルにも見えますが、なにせ烏骨鶏=皮膚が黒い・・・という印象しかなかったので、驚きでした

今朝、わざわざ従弟さんのお家まで足を運んでくださったそうで、申し訳ありません<(_ _)>
不老不死の食材ともいわれた烏骨鶏、一般的な鶏に比べて産む卵の数が非常に少ないというのに、10個もいただき有難うございます

もう1つの嬉しいいただきものは、
b0254207_20241948.jpg
Hさんの手編みのセーターです
Hさんによると、20年ほど前に編んでいらっしゃって、完成を目前に・・・だったそうですが、この度完成!
せっかく編み上がったというのに、ほっそりなさっているHさんにはサイズが大きいということで、うちの娘に下さいました(*´ω`*)
b0254207_20243163.jpg
娘が着ると、なるほどちょうどです
今年の秋から使わせていただきます
私も(ФωФ)フフフ・・・ちょっと袖丈が長いですがね、こういう柄、大好きなんです
このセーターを下さったHさんにしても、手編み靴下を下さったSさんにしても、どうして毛糸1本からこのような作品を見事に完成なさるのかしら
尊敬いたします

Hさん、今日も楽しいひと時だけでなく、素晴らしいセーターと貴重な卵を有難うございました
また一緒にお菓子を作れる日を楽しみにお待ちしております<(_ _)>



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-03-26 21:38 | Cake | Comments(0)

主人の誕生日

今日は主人の誕生日♡祝63歳
家族全員花粉症で絶不調 
鼻を詰まらせ涙目で「おめでとう、父ちゃん」と祝福

今夜のごちそうは、娘が作ってくれたビーフストロガノフ
主人は胡椒をかけて咽ているのを見た娘の色々な意味での心配そうな顔が面白かったです(ФωФ)フフフ・・・

お祝いのケーキは何にしようかしら・・・と、思い・・・(@_@。・・・考えようと頑張りましたが、どんなに頑張っても頭の中が花粉だらけで決められません
ふと先思いだしたのは、週の土曜日にエイミーズベイクショップで主人が「ニューヨークチーズケーキ」を頼んだものの、家に帰って食べた時に「コッテリ重い・・・」と、食べきれなかったこと
チーズケーキなら食べるかも・・・と、軽いスフレチーズケーキを焼きました
b0254207_13132038.jpg
クリームチーズに溶かしバターとカスタードを加え、メレンゲと合わせて湯煎焼きした柔らかく食べやすいスフレチーズケーキです
ちょっとやわらかすぎ ショワシュワッ? なんで?
ま、これだけやわらかかったら、歯が悪い主人でも大丈夫!・・・ってことで(ФωФ)フフフ

最近、消化力が落ちているようで、容易に胃が重くなったり胸やけしてしまうようです
元々、美味しいものは好きだけど、あまり食べられなかったので、年齢と共にさらに食が細くなっていくのでしょう
まあ、この私でさえ少し食べる量が減った(?・・・そう思っているのは私だけのようですが)のですから、8歳年上の主人ならもっとそうなのでしょう
これからますます体の調子によく気をつけて、元気に一緒に年を重ねて行って欲しいと願います




[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-03-07 21:08 | いろいろ | Comments(0)

Nさんの『Khao Man Gai』レッスン&プレーン・シフォン

今日はタイ人のお友達Nさんにタイ料理を習う日♪
メニューはこちら『カオ・マン・ガイ』
b0254207_17014079.jpg
まずは米を炊くためのスープ作りから
鍋に玉ねぎ、にんにく、パクチーの根、大根(←大根はNさんのお好みで入れたそうです)などを入れて火にかけ、沸騰したら鶏肉と下茹でしたレバーと砂肝も加えて弱火で30分ほど煮ます
スープを濁らせないように、アクはとっても中をかき混ぜないように
b0254207_17012202.jpg
スープが出来たら、フライパンで鶏肉の皮でを炒めて脂を出し、にんにくを炒め、コメも炒めて野菜と鶏ののスープで炊きます

ご飯が炊けたら、スープから鶏肉、レバー、砂肝を取り出して
b0254207_17013136.jpg
ご飯の上に胡瓜とパクチーといっしょに盛り付け、にんにく・生姜・タオチオなどを混ぜたタレをつけながらいただきました
b0254207_17120714.jpg
最初にとったスープも一緒にいただきました
Nさんは和食器が大好きで、タイの食器は持っていないそうです

ナタヤさんからシフォンのレッスンを頼まれていたので、カオ・マン・ガイのご飯を炊いている間にプレーンのシフォンを一緒に作りました
オーブンの庫内の高さが比較的低いため、表面が少々おこげ気味になりましたが、このようにきれいに焼けました
b0254207_17015221.jpg
「初めて上手くできた!」と喜んでもらえました
「明日も明後日も忘れないように作る!」そうです
よかった、よかった(*´ω`*)

Nさんは「晩御飯に」と、カオ・マン・ガイのセットをお土産に持たせてくれました
有難う、Nさん♪
シフォンのバリエーションも楽しんでくださいね。





[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-20 17:33 | Cooking Lesson | Comments(0)

ミニサイズの金柑タルト

先週のレッスンの時にKaさんからいただいた金柑
b0254207_10444094.jpg
ブリゼ生地を12cmのセルクルに敷き込み、アーモンドクリームの上にシロップ煮にした実を並べてゴマもふりかけて焼きました
b0254207_10442175.jpg
アーモンドクリームにフルーツというとっても平凡ながら定番のコンビ
フルーツは季節によって色々変えられて、この組み合わせは年中楽しめます
・・・と言っても、春には苺とアーモンドクリームのタルト、夏にはバナナ等のトロピカルフルーツとアーモンドクリームのタルト、秋には無花果とアーモンドクリームのタルト・・・と、ずっとアーモンドクリームばかりに頼っていてはさすがに「またこの組み合わせですか(^▽^;)」と思われてしまうでしょうが、それでもやはりこの組み合わせは不滅のコンビなのです
b0254207_10443125.jpg
Kaさん、お庭で摘んできてくださった金柑、このタルトの後そのままいただきました
小さいながら、しっかり金柑の甘さと苦さを主張していました
ごちそうさまです

さて、まもなく2月です
レッスンの予定をHPにUPしましたので、ご覧ください
(珍しく、HPの更新が早い・・・きっと週末はまた天気が荒れるかも(ФωФ)フフフ・・・)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-27 22:13 | Pastry | Comments(0)

フランボワーズのガトーショコラ&苺風味のメレンゲ

今日は自宅レッスン日♪
さぁー今日は今年初のレッスン日だから、完璧にこなすぞ!と、Kuさん、Kaさん、Chiさんの仲良しさん方をお迎えしました
まずいらっしゃったのはKaさん
お庭で取れたての金柑を持って来てくださいました
b0254207_14500610.jpg
今年初の嬉しいいただきものです
それにしても、昨日の買い出しの時、私が「金柑を買おうかな・・・でも荷物が重いから、また後日だな」と、思っていた気持ちがKaさんに届いていたかのようなタイミング 

その次に到着なさったのはKuさん
そしてChiさん
皆さん、今年もこうしてそろってお会い出来て嬉しいです

レッスンの内容はHPの『楽しいおやつ』から選んでくださった『ガトー・クラシック・フランボワーズ』
直径12cmサイズ1台=5.5cmセルクル5台ぐらい=6cmセルクル4台のうちお好みで型を選んでいただきました
Chiさんはセルクルで KuさんとKaさんは12cm型
b0254207_14390319.jpg

KaさんもKuさんもChiさんも慣れていらっしゃっていますので、今年はこの「楽しいおやつ」コースで今まで出てきたポイントを確認することにしました
今日のポイントは以下の通りですよー
①卵黄にグラニュー糖をよく混ぜて湯煎にかけて、次に混ぜるチョコレートに備える
卵黄にグラニュー糖を混ぜておけば、皆さん結構熱めの湯煎にかける場合があるようですが、その場合でも、ボウルの中の卵黄 をに卵にするリスクが減ります
②チョコレートとバターを湯煎で溶かして①に加える
チョコレートを溶かす時も結構皆さん熱めの湯煎にかける方がいらっしゃいますが、チョコレートは45℃前後でゆっくり溶かしてから、そのあと温度を上げましょう
③温めておいた生クリームを②に加え混ぜ、薄力粉とココアも混ぜる
ここでチョコ生地が締まって固くなりますが、焦ってホイッパーをがむしゃらにグルグル回す必要ありません
焦らず、ゆっくりでいいのでしっかり混ぜましょう
チョコ生地を扱うときには机の上の温度にも配慮を♪冷たい台の上での作業なら乾いたタオルを敷いたりしましょう
④メレンゲを作る
チョコレートに合わせるメレンゲは、卵白の泡立て始めはいつもの10℃より少し高くてOKです
でないと、あとでチョコレート生地をますます固くさせてしまいます
それから、メレンゲにお砂糖を入れていくときに、最初からどのぐらい入れるかによってメレンゲの状態が変わります
まずは少し入れて速度も2番できめをそろえて、それから速度を上げ、砂糖の残りを2回ぐらいに分けて入れましょう
⑤メレンゲの1/3をチョコ生地と合わせてチョコ生地の中にメレンゲをしっかり混ぜこみ、チョコ生地を少し和らげる
残りのメレンゲとチョコ生地をしっかり混ぜて、チョコ生地の中にメレンゲをいきわたらせる
⑥オーブンで焼いて、その見極めは、型の淵から1cmのところで串をさしてみると生地が付かないけど、中心は「まだ柔らかいよね・・・」というぐらい
余熱の力は思ったより強いものですので、勇気を出して早めに取り出すことです

さて、粗忽者で何かとやらかしてしまう私(*´Д`)
今日こそは完璧に!と意気込んでいたのに、またやらかしてしまいました・・・

メレンゲに砂糖を加えていくときに、Kaさんの最後の砂糖を入れたはずなのに、何故か手元にまだ砂糖が残っているではありませんか
「入れますよ」と入れてしまった私・・・でも、それは後から作る別のメレンゲ菓子の分だったのです
これに気が付いたのはオーブンに入れた後"(-""-)"
「・・・すみません。今日は私が焼いたものをお持ち帰りください」ということでご容赦いただきました

で、試食はみんなで予定外の砂糖が入った分を召し上がっていただいたわけですが、その反応は「うわぁああああ、甘い!」ではなく、「普通の甘さ?」「砂糖のせいで、逆にしっとりしてるかも」でした
確かに、このお菓子は甘さ控えめでチョコ味200%なので、エキストラの砂糖が入っても甘さにさほど変わりは無い・・・といっては語弊がありますが、そんな感じです
b0254207_14391112.jpg
表面さっくり、中はしっとり
明日になったら、もっと味が落ち着くと思います
砂糖なしの生クリームか(お子様には)アイスクリームを添えて召し上がってください

このガトー・ショコラは家で是非復習していただきたいので、普段のレッスンなら2台作ってお持ち帰りですが、あえて1台にして、復習用に必要分のチョコレートをお持ち帰りいただき、それともう一品作りました
昨日UPしていた苺パウダーを使ったメレンゲです
b0254207_14393770.jpg
お皿の上のメレンゲは2種類
1つは卵白と砂糖がほぼ同量、もう1つは卵白に対して砂糖が2倍
皆さん、どちらがどちらかおわかりですね(ΦωΦ)フフフ…
甘さにほとんど違いが感じられないのですが、明らかに生地の仕上がりが違います
「どちらにしますか?」と、お尋ねしたら、「砂糖の少ない方」とのことでした

3人で共同作業
40gちょいの卵白を泡立てて、3人順番に絞って、約70個ほどできました
「少し前に『玄米サブレ』を一緒に作りましたので、それとこのメレンゲはお雛様にいいお供え物になると思います。抹茶サブレもつくりましたよね。それも合わせたら、さらにいいかもしれません。」と、提案したら、抹茶サブレは未だだとわかりました
それで、来月は『抹茶サブレ』と抹茶のクリームのシュークリームのレッスンに決まりました

来月もお目にかかれるのを楽しみにしています
今日もよく笑いましたね 笑う門には福来る 今年も楽しくいきましょう
年頭からかやらかしてしまった私ですが、今年もよろしくお願いいたします

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-19 15:46 | Cake | Comments(0)

お知らせです

今年あと2日で終了です
なんとか冷蔵庫2つの掃除が終わり、床磨きも終り、もち米も届き、新しい餅つき機も購入し、明日は大阪から帰ってくる娘をピックアップしてからおせちの材料を買い出しに行きます
年賀状は・・・(*´Д`)まだです

今日はおやつにブッセを作ろうと思っていましたが、冷蔵庫の掃除が思ったより時間がかかったことと、昨日の栗のマドレーヌがあったので延期
お正月にでも作ることにします

さてHPに来年1月の自宅レッスンについてUPいたしました
今までの『今月のお薦め』お菓子だけでなく、『楽しいおやつ』というNEWなものを設置しましたので、HPを御覧ください
どのようなものかと申しますと・・・例えば、下の写真のような基本的なサブレの作り方が練習できて且つ生地を冷凍しておいたら焼きたい時にさっと焼ける『抹茶と玄米あられのサブレ』や、
b0254207_21515264.jpg
サブレの作り方でタルトシュクレ生地とアーモンドクリームの作り方を練習する『苺のタルト』など
b0254207_21583091.jpg
お菓子作りの基本を練習して毎日のおやつに役立てていただきたいと思うものをまずは1月から4月終わりまで通してのメニューを10ほど挙げてあります

お知らせまで(*´ω`*)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-12-30 22:07 | いろいろ | Comments(0)

ガトー・ショコラ・クラシック・ア・ラ・フランボワーズ

昨日の不調はやはり年末恒例1日限定の不調日だったようで、今朝まだ少し頭痛が残っていましたが、自宅レッスンが始まるまでには完全に元通り(*^^)v
さて、今日のレッスンはタイ人のNさんがいらっしゃいました
ご希望は。「クリスマスらしくて簡単にできるしっとり系で中にラズベリーが入るチョコレートケーキ」とのことでしたので、ご希望通りラズベリーを入れて別立てのチョコレートケーキにしました
Nさんはチョコレートそのものは好きではないけど、チョコレートケーキには目がない、リンゴのお菓子が好きだけど、生のリンゴを食べるのは嫌い、ラズベリーも同様だそうで・・・でも、撮影用には「ラズベリー欲しい(*´ω`*)」とのことでしたので、いくつか差し上げましたら、このようにお皿に飾られました
b0254207_15174114.jpg
デコbyNさんです
「...looks like a candle(*^-^*), nice for Christmas time!」と、喜んでくださいました

このケーキは12~15cmのサイズで作ってもいいですが、こうして5.5~6cmの小さいサイズに作った方がお薦めです
というのは、中にラズベリーが入っているので、切り口にラズベリーがあった場合、冷凍ものなため、切り口から水気がでるとね・・・
それで、お持ち帰りには(本来は12cm2台ですが)1台は12cm、あとは6cmサイズのものになりました

今日の昼のまかないはNさんがYam Woo Senを作ってくださいました
b0254207_15183291.jpg
Nさんのタイ料理をいただくたび思うのですが、やはり調味料の配合についてのDNAが違うのです
材料はこの通りで、調味料はナンプラー、レモン汁、シロップ、唐辛子だけ
b0254207_15184119.jpg
我が家にでもある調味料ながら、その配合がいいのでしょうね
やはりタイ人としての日本の味に同化しない味のDNAがそうさせるのでしょう

レッスンの後、箱にケーキを詰めて急いで(タイの)お寺に向かわれました
ケーキをお友達に差し上げるのだそうです
12cmの大きい方を皆さんでシェアなさるのでしょうか
あるいは、小さい方?
敬虔な仏教徒のNさんにとってお寺は心休まる場所であり、お友達に会える大切な場所です
「KOO-san, come together someday. Join us and enjoy good Thai food.」と、毎回誘ってくれます
私にとってはお寺も美味しいものを楽しむ場所だということをNさんはよく理解なさっているようですね

Nさん、今日も楽しいおしゃべりと美味しいお昼ご飯を有難うございました
また来年会えるのを楽しみにしています
少し早いですが、よいお年をお迎えください


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-12-14 15:47 | Cake | Comments(0)