人気ブログランキング |

タグ:松之助のお菓子 ( 34 ) タグの人気記事

思い出し笑いしながら、AMERICAN APPLE PIEを焼く

紅玉の美味しい時期は杏なみに短くて、スーパーで売られている紅玉はそろそろフカフカになって味気なくなってくる頃
ギリギリかな・・・と、おもいながら紅玉を買ってきて、シーズンオフになる前にアメリカン・アップル・パイを焼く準備♪
b0254207_20212405.jpg
計量して、リンゴの皮をむきながら、昨日の日本語の授業を思い出しました
昨日の勉強は、様態と推測を表す「~そうです」
2つのりんごを見せて、「黄色いリンゴと赤いリンゴ、どちらが好きですか?」
18人の学生たちが一斉に「赤いほう!」「黄色いほう!」「どちらも!」と一斉に返事あり
・・・おいおい、「どちら?」と聞いたんですよ(´_ゝ`)
b0254207_20213328.jpg
「どんな味でしょうね?」と一言聞けば、「多分甘いです!」「ちょっとすっぱいかもしれませんが、大丈夫です」「おいしいと思います」「食べてみましょう」・・・と、収拾がつかないほどの返事が返ってきます
学生たちは日本語で話したくて仕方ないという感じ、ようやく「おいしそうです」の導入が終わったら、次はすかさず「先生、おいしそうですね。食べてみたいです。」

「ごめんなさい、ナイフを持って来ませんでした」と私が言ったら、ある男の子が「じゃあ一人ずつ直接食べましょう」と大きい声で言ったとたん、女の子たちが「・・・(-_-)」状態
若い学生たちに笑いをもらいました

昨日のそんな様子を思い出し笑いしながら焼いたアップル・パイ
b0254207_20214476.jpg
今夜娘が帰ってきたら、アイスクリームをのせて食べましょう
生の紅玉をスライスして生のまま焼くアップル・パイ
久しぶりに焼いたから、お味の方も昨日の彼らのようにfunnyかもしれません(*´ω`*)


by BakingEveryDayTM5 | 2019-10-17 20:25 | Pastry | Comments(0)

チョコレート・チーズ・ケーキ

タイ人のお友達Nさんはチーズケーキが大好き
以前、ベイクド・チーズケーキとスフレ・チーズケーキのレッスンをしたことがありますが、レア・チーズケーキとニューヨーク・チーズ・ケーキがまだです
「9月になったら、どちらか教えてね。これから、チーズケーキたくさん教えてね。」と、7月に言っていたことを思い出したので(チーズケーキはうちの娘も好きですし)、今日のおやつはニューヨーク・チーズケーキのチョコレート版です
松之助の先生のレッスンに通っていた(2012年)時、先生の恩師シェリル先生がいらっしゃっていた時に、シェリル先生のサイン欲しさに買った(教室に売っていたチーズケーキとコーヒーケーキの本を購入したのですが)その本に載っているメニューです
私が松之助に通ったのは2年足らずで、毎月1回のレッスンに毎回申し込めていたわけでもなく、結局チーズケーキを習わないうちに松之助に行かなくなってしまったので、実際の作り方を目の前で見ていません
b0254207_16345966.jpg
チョコレートにブラックチェリー
この組み合わせは『フォレ・ノワール』と同じです

アメリカンチェリーはいったいどれだけの農薬をかけてもらって日本に来ているのかしら・・・と思うと、恐ろしい食べ物ですが、赤い実の姿に弱い私は、「1年1回ぐらいなら大丈夫でしょ」と自分に言い聞かせて食べていますが、実はここ数年前から食べられなくなったものの1つがサクランボ
今日も3粒目で口の中に反応あり

サクランボが好きな娘のひとこと「アメリカンチェリーなんだ・・・佐藤錦じゃないんだ・・・"(-""-)"」
そういえば、今年は佐藤錦を買うことなく、その季節が過ぎてしまいました
去年は琵琶がそうでしたので、琵琶の季節が終わらないうちに買ってきておくことにしましょう

・・・美味しい琵琶に当たりますように
(美味しくなかったら、コンポートだ!)


by BakingEveryDayTM5 | 2019-08-07 22:33 | Cake | Comments(0)

ライムとコンデンスミルクのタルトレット

先週の木曜日のこと、ウォーキングを兼ねてスーパーまで歩いていったら、「皮も安心して使っていただけます」と書いてあるライムを発見!
「これは買わないという手はないやろ・・・」と、何かのCMのセリフが思わず口から出てしまいました
家に帰って、冷蔵庫から一昨日作った杏のクランブルの残り生地を取り出して、タルトレットにササっとしいて、即オーブンで空焼き
焼いている間に、卵黄、コンデンスミルク、ライム果汁と皮を混ぜてアパレイユ作り
空焼きが終わったら、アパレイユを流して、再加熱10分 
ライムをのせて出来上がりっす(ФωФ)フフフ・・・
b0254207_17514406.jpg
型に敷きこんでから休ませずそのまま焼いたので、焼き縮みあり
且つ、空焼きにの時にタルトストーンを入れなかったので、周囲の高さが不均一

ノープロブレム(*^^)v
おおらかなアメリカンパイですからね
思い立ったら即作れるところが良いところ

いただく時には、手で持ってガブリとしてもいいですが、こうやってカットすると、ちょうど一口サイズで食べやすいです
b0254207_17515027.jpg
先日の杏のクランブルの残り生地ですが、まだ使えました
あともう少し残っているので、さっさと使い切ってしまわねば

暑いときに、タルト類を作るのを嫌がる方が多いですし(確かにフィユテは私、無理です)、タルト類をおやつにするのを好まない方も多いですが、こんな風にさわやか系のものをササっと作って、よく冷やして冷たいお茶と一緒に食べると、悪くないです
ルバーブのクランブル、杏のクランブルに続き、ライムとコンデンスミルクのタルトレット(松之助の先生はKey Lime Pieと名前を付けていらっしゃいました)と、きました(ФωФ)フフフ・・・
元々、こういう系統が好みだったので、作り始めると加速しそうな予感です
しばらくこの系統のベーキングが続きそうな予感

・・・そして、体重増加の予感です(´_ゝ`)
b0254207_17521621.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2019-07-22 20:38 | Pastry | Comments(0)

American Apple Pie

今日は自宅レッスン日♪
お越しくださったHさんのご希望のメニューは松之助のAPPLE PIEでした
冷やしておいた粉、砂糖、塩にショートニングを刻み込み、紙のように薄く切って凍らせておいたバターを刻み込み、冷水を加えたらフォークで混ぜます
カードでまとめたら、いったん冷蔵庫へ
リンゴ800gをスライスして砂糖、シナモンなどをまぶし、少しなじませている間に生地を伸します
今日のアップルパイはダブルクラスト♪
底生地分を私がデモで伸して型にのせ、Hさんがリンゴをこんもりのせて、上生地を伸してかぶせたらオーブンへ
焼くこと50分ほど、待つ時間はもちろんおしゃべりタイムです(*^-^*)

Hさんとの本日のおしゃべりはテレビドラマ
まずは「大恋愛」という日本のドラマでアップルパイが登場するという話から
日本のドラマは全く見ないので、あらすじを教えていただき、その中でグラニー・スミスのアップルパイが出てくるという話をうかがいました

その次は「ダウントン・アビー」
私も好きでずっと見ていたBBCのドラマです
私は何故か途中で途切れてしまい、まだ見終わっていないうえ、所々寝ぼけながら見ていたので、見終わられたHさんに、記憶が飛んでいるシーンのことや、人物関係のことなど教えていただきました
そんな話をうかがっていると、あっという間にパイが焼けてしまいました
b0254207_20054777.jpg
でも、大丈夫
パイを冷ます時間がまだありましたから(ФωФ)フフフ・・・

Hさんから今日も嬉しいいただきものです
Hさんの畑から完全無農薬の間引き大根
間引き分と言っても、十分大きいです!
b0254207_20055674.jpg
信州にお知り合いがいらっしゃるとのことで、信州に行ってらっしゃたお土産のラ・フランス
葉っぱ付きがカワ(・∀・)イイ!!
b0254207_20061518.jpg
そして、アメリカのお友達にいただいたというノルディック社のモールド*IGLOO型
b0254207_20060568.jpg
Hさん、今日も楽しい時間とたくさんのお土産を有難うございました
今日のパイを召し上がる時、バニラアイスを添えてください♪
またお目にかかれる日を楽しみにしております_(._.)_








by BakingEveryDayTM5 | 2018-11-09 20:46 | Pastry | Comments(0)

アメリカン・アップル・パイ

部屋をめいっぱい冷房しなくてもパイ生地を作れる涼しさになりました
クラシックな三つ折り×6回のパイ生地が現在冷蔵庫中でスタンバイしていますが、まずはアメリカン・アップル・パイから
松之助の先生は紅玉の季節だけ作りなさい、とおっしゃるほど、紅玉派
イルプルの先生はフジを!と・・・先生方それぞれの考えがってのことですので、できるだけそれに従うようにしています

このアップルパイは松之助のお教室で以前習ったものですので、紅玉を使いました
割としっかり酸味があり、レモン汁は加えず作れました
このパイは23cm、紅玉は6個分
早生フジと同じぐらい大ぶりの紅玉でした
底生地の上に1㎜程にスライスしたものを山のようにのせて、上から蓋代わりの生地をのせたダブル・クラスト
大盛スライスしたリンゴは残念ながら、焼いた後はカサが減ります

夜のうちにオーブンで焼かれたパイは、少し冷めたところで試食♪
中のリンゴは落ち着かない味ですが、焼き立てのザクっとした周りの部分は美味しいのです
b0254207_09382076.jpg
朝、リンゴの味が落ち着いたら、バニラアイスをドーンとのせて、いただきます!
土曜日の朝の散歩から戻って食べる少し遅い朝ごはん
b0254207_09383012.jpg
空は自分の朝ごはんを食べたばかりだというのに、「デザートは別腹なのよ」という顔でアイスクリームひと口をそばで待っていました
b0254207_09383906.jpg

名前通りの真紅の紅玉
果物全般甘いものが増えすぎている中、この紅玉も甘いと思うものが多くなったような気がします
今回の紅玉はラッキーちゃん♪ 
少し柔らか目の果肉ですが、スライスされて、クラストの中で蒸し焼き状態になるですから、煮崩れの心配がないためOK

白雪姫でなくても、かじりたくなる赤いリンゴ
白雪姫がかじったのって「リンゴをかじって、歯ぐきから血が出ませんか」というほど固かったんだろうなぁ・・・

では、皆様、楽しい週末をお過ごしください









by BakingEveryDayTM5 | 2018-11-03 10:11 | Pastry | Comments(0)

Hummingbird cake

今日の自宅レッスンはYさんからいただいたリクエストの『Hummingbird Cake』♪
初めてこの名前を聞いたとき、どんなケーキなのか想像ができませんでした
サラダオイルと卵の中にリンゴとバニラエクストラクトを入れた後、粉類を混ぜ、バナナ、ピーカンナッツ、パイナップルをザックリ混ぜて焼いたアメリカン・ケーキです
りんごを入れないレシピが多いようですが、酸味ある甘さが加わるのは良いと思います

「今日の生地作りは驚きのはやさ・・・」と言ったのは本当だったでしょ、Yさん(*´ω`*)
手順さえ知っていれば、5分ほどで終了です

こちらYさん作のケーキ 完璧な出来上がり
今日は14cmのクグロフ型をお選びになりましたが、シフォン型でもエンゼル型でもパウンド型でも丸形でもOKです
クグロフ型は上の部分が細いのでアイシングにしましたが、パウンド型や丸型ならクリームチーズのフロスティングも美味しいです
b0254207_20192852.jpg
断面はこのようにフルーツが見えます
どうやらこの面はパイナップルが固まっていたようですね(;'∀')
ちなみに、これは試食用に切ったものです
つまり、私が作ったものです
パイナップルがここに固まっているということは、他の部分にはパイナップルが無いかもしれないということかも・・・
b0254207_20194069.jpg
本日のレッスンは生地作り5分、焼き30分、冷まし時間30分、アイシングかけて終了
待ち時間と称したおしゃべり時間がたっぷりとれたレッスンでした
Yさん、今日も楽しい時間を有難うございました
お仕事帰りにレッスンにお立ち寄りくださり、お疲れになりましたでしょう
またお目にかかれるのを楽しみにしております(*^-^*)




by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-18 21:07 | Cake | Comments(0)

アメリカン・アップルパイ

お稽古を始める理由や動機は様々で、どれだけ続けて、どこまで到達させるかも様々
今から8年前の春から始めた「お菓子」のお稽古はこんなに熱中するとは思っていなかったのが本音

以前お世話になっていた『松之助』の先生は40代後半で留学なさった時、お菓子を生業にしようと決めて勉強を始められたと聞きました
先生のレッスンでは生徒さんにしっかり覚えて欲しいと願うから厳しい言葉も聞かれましたが、そんな先生にも初心者の頃があり、お世話になった先生がいらっしゃったわけで、(ФωФ)フフフ・・・どのような受講生でいらっしゃったのでしょう

今日のおやつはアップル・パイ
b0254207_16044132.jpg
「21のアップルパイ」という先生の古い本によると、初めてついたローリーさんというベーカリーを営んでいた方に最初に習ったものだそうです
「何も飾らない、味も形も一番しプるなアップルパイ。これがアップルパイの基本です。」と、書いてある通り、本当にシンプルそのもの
バターとショートニングが2:1で使われています
生地には砂糖が入らず、少々味気ない生地のような印象がありますが、これはこれでアメリカンな美味しさなでしょう
b0254207_16043254.jpg
熱々を食べるのは中のリンゴで火傷しそうになるので危ないですが、ここにバニラアイスをのせて、じゅわーっと溶けるアイスをソースにしながら食べるのも美味しいものです
今日は朝焼いて、午後のおやつにしたので、すでに冷めてしまっています
少し温め直したらOK
b0254207_16045326.jpg
翌日以降はクラスト(生地)のサクサク感(底の部分)は当然なくなります
生のスライスしたリンゴをそのまま入れて蒸し焼きにしてあるのですから、これは仕方ありません
でも、娘はそれが美味しいと言います  
そうかな・・・そうかもしれません
b0254207_16040021.jpg
約2年通った松之助、習ったメニューはわずかに20ほど
アップル・パイは1年に2回だけ その時の予約を取るのが大変でした
素朴なアメリカン・ケーキ、好きだったのに何故続けて行かなかったのか
それは非常に単純な理由で、ベーキングパウダーとベーキングソーダの味(?)が舌に残るような気がして、どうしてもそれが苦手だったから
気にならない人にとっては、本当に何とも感じないそうです
ゼラチンのにおいが気になる人もいれば、そうでもない人もいるようなものです
b0254207_16041213.jpg
ですが、今でも時々このアップル・パイだけは無性に食べたくなって作るのは、この上なくシンプルなこの焼き菓子の味が好きで、子供の頃に見たディズニーの白雪姫のパイと古いアメリカの映画の影響も大きいのかも・・・


by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-14 16:06 | Pastry | Comments(0)

Hummingbird cake & Bouchée

今日の自宅レッスンではタイ人のお友達Nさんとアメリカンケーキの代表的ともいえる『Hummingbird cake」とフランス語で「一口」を意味する『Bouchée(ブーシェあるいはブッセ)』を作りました

まずは『ブッセ』からスタートです
ステップ1:卵黄に砂糖を混ぜる
ステップ2:卵白に砂糖を数回に分けながら加えて泡立てる
ステップ3:卵黄と卵白を合わせて混ぜ、薄力粉とコーンスターチも加えて混ぜる
ステップ4:絞り袋で丸く絞り、粉糖をかけて12分焼く
ステップ5:好みのものをサンドして仕上げる (→このステップ5は食べる前に♪)

ブッセを12分焼いている間に『ハミングバード・ケーキ』の生地を作ります
ステップ1:油+卵+りんご+バニラエクストラを合わせる
ステップ2:そこに砂糖+粉ベーキング・ソーダ+シナモン+塩を加えて混ぜる
ステップ3:そこにピーカンナッツ+バナナ+パイナップルを加えて混ぜて30分焼く
ステップ4:粉糖に水分を足して焼きあがったケーキにかける

「なんて簡単にできるお菓子でしょう(*´ω`*)」と、喜んでいただけました
Nさんの息子さんは生クリームは好きではないそうですが、アイスクリームは大好きだとのことですので、今日のブッセの試食はバニラアイスとイチゴにしました

可愛いもの大好きなNさんのために、ちょっと可愛いものアイテムを並べてみました
b0254207_15241688.jpg
私としたことが、絞り方が悪くてブッセが三度笠のように中心に角が立ってしまいました
b0254207_15243063.jpg
ね、表面が平らではないでしょう  
「こんな、ぶさいなくブッセを見たときには『ぶっせぇ~( ゚Д゚)』って、言うのよ」って、Nさんに関西的ダジャレを教えてあげようと思い言ってみましたが、まったくつうじませんでした
b0254207_15244145.jpg

Nさんが作られたブッセは冷めた後、タッパーに入れてお持ち帰りです
b0254207_15265994.jpg
お家でいろいろサンドしてくださいね

「ハミングバード・ケーキ」が焼きあがって、粗熱が取れたので粉糖に牛乳を加えてグレイズをかけました
b0254207_15245336.jpg
Nさん、真剣にかけています
今日は14cmのクグロフ型を使いました  
地味な焼き菓子もこういう型を使うと可愛く見えます

お持ち帰り用の箱がないとのこと・・・
うちにちょうどいい大きさの新しい箱がなくて、棚の上にのっていたアンリ・シャルパンティエの箱に入れてあげました
Nさん、新しい箱じゃなくて、ごめんなさい
b0254207_15252596.jpg
このケーキはりんご、パイナップル、バナナ、ピーカンナッツでいっぱいです
b0254207_15251439.jpg
今日はバナナが熟れ熟れで、香りはほぼバナナONLY状態
バナナ好きなNさんでよかったです
「バターではなく、オイル(今日はキャノーラ油)で作ったケーキなので、冷蔵庫で保存しても固くなりません」と、一言加えておきました

ネイティ・アメリカンにとってハミングバードは愛と幸せのシンボルだと聞いたことがあります
今夜の夕食後のデザートに(ご主人は健康診断前なので炭水化物を甘いものを控えていらっしゃるそうですので)息子さんと楽しいお茶の時間をお楽しみください
Nさん、今日も楽しい時間を有難うございました

最後に少しアナウンスを・・・
Nさん(ナタヤさん)のタイ料理のレッスンが茎崎のふれあいプラザで6月22日(木曜日)10:00~13:00で行われます
今回は市販のペーストを正しく使って作るグリーンカレー他、卵のおかずと小さいデザートだそうです
色々売っている市販のペーストですが、Nさんが「これが一番おいしいと思う」というものをお使いになるそうです
今回のレッスンでは、3品ぐらい(メイン+サブ+小さいデザートで定食風?)を・・・という提案があったそうで、カレーのペーストから作るには時間が少々厳しそうなので、市販のペーストを使用することにしたそうです
ご希望があれば、今後はバイマックルーやカー、ホームデンなどでペーストから作るグリーンカレーのレッスン、タレから作るパッタイ、ガッパオなどのレッスンも行いたいとのことです
ご興味のある方、お知り合いでタイ料理を始めようかと思われる方がいらっしゃいましたら、是非どうぞ<(_ _)>

by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-22 16:05 | Cake | Comments(0)

11月24日レッスンの備忘録

自宅レッスンの備忘録が滞ってしまいました
今日は24日(木)の備忘録からcatch upしていきます

24日は・・・そうです!雪が降ったんです
この日は、MOさんが千葉の方から、Mikさんが東京から来てくださって、『アメリカン・アップル・パイ』と『ミモレットのサブレ』のレッスンでした

MOさんとは夏ごろにお会いして以来、Mikさんとは1年ぶり(*^-^*)
1年前にお2人がレッスンにいらっしゃった時に試食でお出しした『ミモレットのサブレ』
Mikさんが「美味しかった」と、リクエストくださいました

まずは『アメリカン・アップルパイ』作り
雪が積もった庭を見ながら、ニューイングランドの雪景色を見ているつもりでアップル・パイを作っていただきましたよ~
ショートニングとバターを粉に切り込んで、水分加えて生地を作り、リンゴを下生地の上にたっぷりのせて上生地でフタをしてオーブンへ

そのあと、前の晩から用意してあったサブレ生地をカットしてオーブンへ
ミモレットの香ばしい香りがしてきたら、要注意です
ちゃんと焼けていないと美味しくありませんが、焦げやすいのです

焼けた後、Micさんが特注焼きゴテでサブレに押印テスト
私も(特注ではありませんが)焼きゴテを持っています
どら焼きに押す千鳥なんですが、どのぐらい押すかが結構難しいんです

焼きあがったら、お持ち帰り用のサブレの生地作りです
ミモレットをひたすらすりおろして、スタンバイ
バターと粉類を合わせて山のようなミモレットも加えたら、型にギュウギュウと均一の圧力かけながら詰め込んでいきます
お2人とも、型の側面と角にもしっかり生地を入れて、裏から見た時、ほとんど隙間がありませんでした

お2人ともお家が遠いですし、暗くなるのが早いので、終了予定時刻15:00過ぎとしていましたが、なんとかその時間近くに終わることができました

ミモレットのサブレは割れないように、しっかり包んで、アップル・パイは箱に入れて、お帰りの準備ができました
b0254207_21313296.jpg
駅までお送りして、「じゃあ、またいつか(^^♪」と、お別れタイム

Mikさんから嬉しいいただきものです
b0254207_21384864.jpg
Mikさんの会社の商品です
b0254207_21394038.jpg
お2人がお帰りになった後、早速履いてみました
つま先の縫い目がなくて、肌触り抜群(^^♪ 親指が自由って、気持ちいいかも♪

アップルパイのお皿を棚の上に片付けるのに椅子に上った時、思わず足先の体操を始めてしまいました
足の指をぎゅーっと 丸めて、グー!
b0254207_21413279.jpg
次は親指をぎゅーっと伸ばして、チョキ!
b0254207_21445394.jpg
最後は、足の指全部しっかり広げて、パー!
b0254207_21453579.jpg
・・・って、椅子の上で何やってんだろう(^^;)
危ないから、椅子から降りてやればいいのにね  しかも、写真まで撮ってねぇ・・・

MOさん、Mikさん、雪の中 遠くからお越しくださり有難うございました
(Mikさんはお仕事を休んできてくださったんですね  (*- -)ペコリ・・・)
どちらのメニューもお家で繰り返し作ってください
またお目にかかれる日を楽しみにお待ちしております

by BakingEveryDayTM5 | 2016-11-27 22:10 | Pastry | Comments(0)

アメリカンなレモンパイとアップルパイ

今日の自宅レッスンにお越しくださったのは元同じサークルの仲良しメンバーKaさん、Kuさん、Chiさん(^^♪
御希望メニューは「レモン・メレンゲ・パイ」
まずはクラスト作りからです
各々、粉にショートニングとバターを刻み込み、冷水を入れたらフォークで混ぜます
丸めてのして、パイ皿にのせて焼きます

焼いている間に、「アップル・パイ」作り
こちらは3人でクラストをつくっていただいて、レモンのほうはシングル・クラストでしたが、リンゴのほうはダブルクラストなので、上生地と下生地の合わせ方の説明をしました

アップル・パイを焼いている間に、レモンのフィリングを作って、イタリアンメレンゲのデモ
メレンゲはどうしても卵白臭いので、今日はパイの端の部分に小さく絞るだけにしました
御家族の好みがわかりませんでしたので、今日のところは控えめに

できあがりはこのとおり♪
b0254207_23573006.jpg
下のマットはChiさんの手作りキルトです

・・・で、みんなでお作りになったアップルパイは・・・というと
b0254207_23591285.jpg
ふちの部分がパイ皿から落ちている部分もありますが、初めてのアメリカン・パイ
ダブルクラストのアップル・パイ、よくできましたー(*^^)v
この生地を使って、ネクタリンを入れてクロスタータやキッシュにもトライしてみてください
もうすぐ紅玉が出てきますから、アップルパイの復習もお願いしますよ

手を動かすのも口を動かすのも忙しくて、朝10:00からのレッスンが終わったのはもう4時前
笑いすぎて、わき腹が痛くなりましたね
きっと目じりのあたりのしわも増えているはず
でも、笑うことは若返るための妙薬だそうですし、笑う門には福が来るのですから、来月もまた大いに笑いましょう
今日も楽しい時間を有難うございましたm(__)m



by BakingEveryDayTM5 | 2016-09-16 23:58 | Comments(0)