人気ブログランキング |

タグ:Cake ( 601 ) タグの人気記事

レモンとベルガモットの香りのケーキ

家族全員が好きだという数少ないメニューの1つ、それがレモンのケーキ
今回はレモンの皮と果汁だけでなく、レモンピールを加えてみました
そして香りにベルガモット♪
b0254207_15160501.jpg

ベルガモットといえば、アールグレー
でも、ケーキ生地の中にアールグレーは加えず、焼きあがった後に打つポンシュにベルガモット・エッセンスを加えました
これを食べた感想、娘はこんな顔→"(-""-)"、主人はこんな顔→(´_ゝ`)
そして私はこんな顔→(-_-)
・・・ちょっと香りが強かったかしら
それに、少しもっちりしてしまっているし・・・これに関しては、強力粉をもう少し減らして、油脂を(今回はバターと生クリーム半々にしてしなやかさを出そうと思いましたが、これが裏目に出たか・・・)見直せばいいかしら、と思います

ところで、つくばで買える減農薬レモンですが、写真向こうの小粒のレモン、3つで210円
手前の巨大な(握りこぶしほどある)レモン、1つ110円
b0254207_15161286.jpg
お店の人に、「こんなに大きいの、1つ110円でいいんですか?」と、思わずたずねてしまいました
顔見知りになっているレジの方も「まあ、こんなに大きいのにね」と、驚いていらっしゃったし
同じレモンの箱には、標準サイズのものでも、この巨大レモンと同じ110円だったのですから
遠慮ない私は、せっかくですから大きい方を買わせていただきましたけど(ФωФ)フフフ・・・

Sサイズレモン①「きゃー、なんて大きい子でしょ」
Sサイズレモン②「ホント、ホント、みっともなーい」
Sサイズレモン③「何食べたら、ああなっちゃうのかしらね」

・・・ふと、幼稚園時代の我が姿を巨大サイズレモンに投影してしまいました
b0254207_15155896.jpg
失敗だと思ったら、やり直すのみ♪
(失敗じゃないの?という顔をしていたくせに、結局娘は3切れぐらい食べていました)
そのうちお気に入りのレモンケーキができたら、またUPします🍋
実験は楽しい(ФωФ)フフフ・・・


by BakingEveryDayTM5 | 2019-05-14 20:01 | Cake | Comments(2)

Banana & crumble cake

先週土曜日に西荻窪のエイミーズ・ベイク・ショップで習った『バナナ・クランブル・ケーキ』です
お菓子におけるソウルフードの1つであるバナナ・ケーキなので、これは逃せない!と習いに行きました
b0254207_14502247.jpg
今までいくつものバナナ・ケーキを試してきました
バナナで生地がべちゃべちゃ&バナナのエステル臭が耐えられないほどのバナナケーキもありましたが、今回のはヒットもヒット!私的には大ヒットでした
使用するバナナはブラウンスポットが出る前のもので、バナナの潰し方が非常に荒く、そこにアメリカンケーキ定番のモラセスを加え、生地にバナナを入れてもほとんど混ぜずにマーブル状にしてあります
ですから、生地がべちゃつかず、スポット的にバナナを強く感じることができるので、味と香りにメリハリあり
表面にかけたクランブルのおかげで、さらに食感にもメリハリができています。

このルセットは食事にもしてもらえるように・・・と、甘さ控えめ
確かに一般的なアメリカンケーキよりは甘さ控えめですが、日本人には十分な甘さです

アメリカン体形の和犬が半端ない「ちょうだい」ビームを目から発しています
b0254207_18201567.jpg
空さん、なんです? その足のポーズは・・・
体が重すぎて、足が外に向いてしたっの?
あげたいけど、キャベツで我慢してね
アナタノ タメダカラ

私も空のこと言えないから、食べ過ぎないように、ケーキの半分をご近所さんに差し上げてきたのよ
あったら、食べしまいそうだから  
薄着の季節を前にして、今さらって感じですが・・・イシキスルノハ トテモ タイセツ
ワタシノ タメニネ

by BakingEveryDayTM5 | 2019-05-13 15:06 | Cake | Comments(0)

Emotions gourmandes(美味しい感動・食いしん坊な感動)

今日は府中の先生のところで『杏のビッシュ(アントルメ仕立て)』を教えていただきました
でも、ケーキの写真をまだとっていないので、この備忘録は明日にして、今日はUPするのを忘れていたお菓子について書いておきます

これは『Emotions gourmandes』というメニューで、卒研5に出てくるお菓子です
サブタイトルというか、翻訳というのか、「美味しい感動・食いしん坊な感動」ともルセットに書かれてあります

ビスキュイ・オ・ショコラ生地を焼き、厚さ1cmにスライスしたものの1枚(底生地)にはにガルニチュール(洋梨のシロップ煮)を漬け込んだシロップ(シナモンスティック、スターアニス、オレンジの皮、洋梨缶のシロップ)をポンシュとして打ちます
もう1枚の生地(上の生地)にはパータボンブを作って塗り、3回(グラニュー糖2回、粉糖1回)コテを当ててキャラメリゼします

b0254207_23384349.jpg
生地でサンドしているクリームはクレーム・ムースリーヌ・ア・ラ・ノワゼット
これはクレーム・パティシエールにプラリネ・ノワゼット、マス・ゼラチン、生クリームを混ぜたもの
ムースリーヌ(=ムスリン布のようになめらかな)という名前の通りの仕上がりです

このクリームの中にガルニチュール(洋梨)を散らして一旦冷蔵庫へ
b0254207_23382633.jpg
仕上げに刻んだアーモンドに飴がけしたクラクラン・オ・ザマンドをケーキのサイドにつけていきます
このクラクランの香ばしいザクザク感と表面のキャラメリゼの香ばしいジャリッとした感じと味がプラリネ・ノワゼット風味のムースリーヌのなめらかな食感の対比になっています
確かに、食いしん坊たちが喜ぶお菓子です
b0254207_23383531.jpg
上生地のようにパータ・ボンブを塗ってからキャラメリゼするお菓子に、『サンクアセット』(直訳すると「5時から7時」)というベルガモットの香りのケーキがあります
こちらも美味しいです(*^-^*)

忘れかけていたこのケーキの備忘録、思い出せてよかった
だって、食いしん坊ならだれでも「食べたい!」と思うお菓子ですから
忘れ去ってしまうわけにはいきません

改装中だったイルプル、連休明けから授業再開
パティスリーは5月の終わりから
そろそろ再受講に行って、忘れかけていること、忘れてしまっていることをまた思い出さなくちゃね

by BakingEveryDayTM5 | 2019-05-09 22:20 | Cake | Comments(0)

フランボワーズのムースケーキ

大型連休、本日最終日
あれもしよう、これもしよう・・・と、思っているうちに終わってしまいました

連休最後のおやつは、ラズベリーのピューレにゼラチンと生クリームを混ぜて作ったムースをスポンジと交互に重ねて作った小さいケーキ
b0254207_21361338.jpg
表面に生クリームでダムを作って、ラズベリーのピュレにとろみをつけたソースを流しました
基本のスポンジ生地とムースを使ったこのケーキ、ムースの配合を少し変えれば、色々な果物でバリエーションができそうです

庭のボイソンベリーの花が咲き始めました
b0254207_21365791.jpg
刺無の品種を植えたはずなのに、時々先祖返りするのか、ものすごい刺で覆われたシュートが出てきます
ここ数年その傾向が強く、刺のあるシュートが出るたび地面から取り除いていたら、今年は3本のシュートしか残りませんでした
そんなに美味しいベリーでもないので、3本で十分です
無ければ無いで、寂しくなると思うのですけど
b0254207_21364646.jpg
ラズベリーは以前暴走したので、ほぼ駆除
お隣の空き地に数本生えていましたが、スギナ同様、地下根でまた庭に戻ってきました
小さい蕾がいくつかついています
実が成るかどうか
実が成っても、気が付けば鳥か虫に食べられています

去年、植えた2株のワイルドストロベリー
今年はランナーを伸ばして広がりました
可愛い花がついて、実も成り始めています
でも、これもいい色になったころには鳥か虫のおやつになっていることでしょう
b0254207_21363738.jpg
鳥たちのおやつ
虫たちのおやつ
空のおやつ
娘のおやつ
食事とはちがう食べる楽しみ
さて、次は何をつくろうか♪
b0254207_21360164.jpg



by BakingEveryDayTM5 | 2019-05-06 22:13 | Cake | Comments(0)

キャトルカール・オランジュ

2019年5月1日 平成から令和に変わりました
新しい元号の始まった今日のおやつは『カトルカール・オランジュ』
アイシングが少々厚かったようですが、娘の好みだったようです
b0254207_14471329.jpg
久しぶりに作った『カトルカール・オランジュ』、作りながら、久しぶり=手が忘れてしまっていることに少し恐れを感じました
泡をこわさないように木べらでゆっくりゆっくり粉とバターを混ぜていく
イルプルのレッスンでは必ずスタッフさんが粉も溶かしたバターも少しずつ加えて行ってくれて、ひたすらゆっくりゆっくり木べらを同じペースで動かします
そういう意味では、一人ではなかなかやりにくいメニューではありますが、食べたければ工夫してやるしかありません
私は、粉は茶こしで加えます
木べらがボウルを一周したら、また茶こしで素早く加え・・・を繰り返し
バターは冷めないように80℃ちょっとまで熱しておいて、湯煎にかけてできるだけ温度を下げないように、スプーンで少しずつ加えながら木べらで混ぜていきます

このケーキには杏バージョンもあります
杏バージョンの場合には、焼けた生地を半分の高さでスライスし、ヴィクトリア・ケーキのようにジャム(ここでは杏のジャム)をサンドします

オレンジと言えば、先々週、神田へカレーを食べに行ったときに買った黄金柑というミカンが美味しかったので、その販売元である愛媛の無茶々園さんに送ってもらいました
小さいほうが黄金柑、大きい方は南津海(なつみ)
黄金柑は日向のような、南津海はオレンジジュースのように濃いみかんです
どちらも減農薬で大切に育てられています
b0254207_14480720.jpg
10日の連休、今日で半分終わりです
楽しみにしていた長い休みなのに、始まってしまえば毎日流れるようにはやい
b0254207_14474471.jpg
満開のモッコウバラが昨日の雨に濡れて、散り始めています
山吹もそろそろ終わり
b0254207_14491728.jpg
白い山吹も同様に盛りを終えつつあります
b0254207_14484532.jpg
山吹の足元に顔をのぞかせているシャガ1輪
b0254207_14490884.jpg
以前はもっとたくさんあったはずのシャガの花
山吹や紫陽花に淘汰されて残った1輪、がんばれ!

明日の天気は晴という予報
GW後半、良い時間をお過ごしください




by BakingEveryDayTM5 | 2019-05-01 18:18 | Cake | Comments(0)

Coffee & Walnut Cake

今日は朝から雨
天気が悪いことを嘆いても仕方ないので、晴耕雨読・・・と思っていましたが、午後から椅子に座って昼寝、その後、散歩に行きました
夕飯に少し早かったので、娘とダイアモンドゲーム4回戦4勝(ФωФ)フフフ・・・

雨の日は眠いです
眠い休みの日は本能に従ってダラダラするのがいいのです

さて今日のこのケーキは先週の土曜日、西荻窪のエイミーズ・ベイクショップで習った『コーヒーとクルミのパウンドケーキ』です
b0254207_21012576.jpg
どっしりした形ゆえに、重い生地のケーキのように見えますが、実は見た目より軽いのです
ケーキも(人同様)見た目だけだけはわからないときが多いものです
b0254207_21013679.jpg

しっかりコーヒー味
目には見えませんが、シナモンパウダーが生地の中にマーブル状に入っていて、口に含む場所によって「あ!シナモン!」と感じます
シナモンの強弱ある香りの生地と大きめに刻んだクルミの食感がいいです

先生は「こういう生地を作りたいから、こうするのだ」と、教えてくださいます
なるほど~♪と納得しながらレッスンを受けるのは楽しいです

今日は平成最後の日
昭和63年に結婚し、翌年の昭和64年1月に昭和天皇崩御
平成という時間は私にとって親元を離れ、第2の人生そのもでした
まもなく令和、この令和の間に今度は娘が私たちの元を離れていく第3の人生になるのだろうと思います
良い時代が続きますように

by BakingEveryDayTM5 | 2019-04-30 19:07 | Cake | Comments(0)

苺ジャムと苺のパウンド

今日は昨日ほどではないにしろ、それなりに良い天気
スギナと戦いながら、いい加減嫌になって、「もう除草剤だ!そうなれば空の体に良くないかもしれないけどね」と言ったら、主人と娘も手伝ってくれて、午前中に庭掃除はほぼ完了(ФωФ)フフフ・・・
だって、1人であと3日コツコツやるのと3人で1日やるのとでは仕事量一緒ですから

お昼過ぎ、タイ人のお友達Nさんとサザコーヒーへ
明後日から1か月半帰るとか・・・その前に私に借りていた本を返したいとのことで、お茶タイム
1時間ほどおしゃべりした後、「じゃあ、また帰ってきたら会おうね」と

話は変わりますが、庭のワイルドストロベリーが花をつけています
b0254207_18153315.jpg
花が咲いて、小さい実がなるのですが、赤くなったころ摘もうと思っても、いつも無い!
鳥や虫たちが食べにくるんです
小指の詰めぐらいの小さい苺ですが、香りと味が強いんです
昔懐かしい苺の味がします

今日はワイルドストロベリーのそばに、ニオイスミレを3株植えました
b0254207_18173123.jpg
ケンカしないでどちらも育ってくれるといいのですが・・・

苺といえば、昔はそのシーズンが5月だったと思うのですが、今では5月の苺と言えば、そろそろその季節が終わりかけているように思われます
でも、そのおかげで不ぞろいの苺を安く買うことができます
そんな時には苺ジャム

b0254207_18281566.jpg
そして、このジャムではゆるいので、もう少し粒を潰して煮詰めバージョンを使って、パウンドケーキ
生地の仕上げにフリーズドライ苺を混ぜ、生地の間にジャムを流して焼いたケーキ
b0254207_09404171.jpg
イルプルのこのケーキをご存知の方は、一瞬で「あれ?」っと、思われたはず
というのは、フリーズドライ苺の量が圧倒的に足りていません
ルセットでの量をうろ覚えで、最後の数字が8だったので、8gだと思って購入したTOMIZのパック、ところが、さて作ろうと思ってルセットを見直したら・・・

18g!

フリーズドライ苺というのは、ほとんど空気のように軽い商品で、8gと18gの違いは、お酒でいえば、おちょこ1杯とコップ1杯の違いほどの差があります
作る前にルセットをよく確認して材料を購入することですね

明日は平成最後の日
お天気は良くないようです
ここ数日、いい天気でよかったね、空♪
b0254207_18232524.jpg
明日は昼の中でのんびり過ごそう(*´ω`*)

by BakingEveryDayTM5 | 2019-04-29 18:28 | Cake | Comments(0)

Happy Easter 🐰

今日はイースター♪
宗教的には全く興味ありませんが、フライングタイガーで見つけたカップケーキのデコレーション用キットが可愛くて、買ってしまいました
b0254207_16125869.jpg
空に耳をつけてイースターのウサギさんに変身(ФωФ)フフフ・・・
b0254207_16130882.jpg
ウサギというより、耳が大きい鹿のようですね
空さん、怒ってます?
犬の尊厳を考えろって?

・・・そうですね、すみません

カップケーキはレモンと蜂蜜味
全卵に砂糖と蜂蜜を加えて泡立て、薄力粉と中力粉を混ぜた粉を加え、最後に溶かしバター、レモン汁、レモンの皮のゼストを混ぜて焼くこと13分
b0254207_16131599.jpg
最近はイースターのグッズがお店で見られるようになりました
意味も分からずなんとなく雰囲気を楽しむのは良いことか、あるいは不謹慎なことなのか
ま、日本人的なゆるさのおかげでビジネスが成り立っているのでしょうけど(ФωФ)フフフ・・・

では、皆様もHAPPY EASTER🌷です



by BakingEveryDayTM5 | 2019-04-21 16:34 | Cake | Comments(0)

2つの生地でレモン・ケーキ*どっちがいい?

2つの生地のレモンケーキ
レモンの下のケーキは、卵に砂糖を加えて泡立て、溶かしバターを入れて作ったもの
上のケーキは別立ての生地で(少しだけBPも加えて)作ったスポンジ生地に近いもの

b0254207_18202452.jpg
以前から作っていたのは下のタイプ
娘はこちら派

主人は上のふんわりタイプも悪くないと・・・

子供のころ大流行りしたレモンケーキ
あの頃の味って、どんなだっけ?
・・・覚えているのは、ケーキを覆っているお砂糖がやたら甘いと思ったこと
数年前にまたブームだったようですが、あの時は買って食べなかったんだなぁ
時代が代われば、消費者の好みも変わるものだから、食べておけばよかった・・・

もうしばらくは無農薬レモンがお店にあるので、また少し作り変えてみましょう
楽しい実験タイム  被験者は家族
・・・娘は馴染んだ味を気っと選ぶのでしょうけどね



by BakingEveryDayTM5 | 2019-04-18 17:43 | Cake | Comments(0)

クランベリーのバターケーキ

小金井の先生の杏のバターケーキをベースに作ったケーキです
杏のシロップ煮の代わりに、クランベリーをサッとお湯で洗った後、キルシュをふりかけてから使いました
b0254207_11504519.jpg
クランベリーの甘酸っぱさが甘いグレイズと合います
焼いて約1周間、いい感じにバターがなじみ、口の中でホロっとケーキが崩れます

焼いて、グレイズをかけた時の写真です
このケーキの型はクグロフ型といいます 
可愛いですよね
地味なケーキでも見栄えします
b0254207_11502784.jpg
焼きっぱなしの素朴なケーキ
作りたいと思ったら、すぐに作れるケーキ
そんなケーキこそ美味しく作れるようになりたいと思っています(*´ω`*)

by BakingEveryDayTM5 | 2019-04-17 21:21 | Cake | Comments(0)