人気ブログランキング |

タグ:Cake ( 646 ) タグの人気記事

サツマイモとホワイトチョコのシフォンケーキ

今やつくばでの名所になった(?)焼芋かいつか
紅はるかを使ってシフォンケーキを作りました
卵黄生地に混ぜるための蒸して裏ごししたサツマイモと、ガルニチュールとして生地に混ぜるための煮たサツマイモを使用するのですが、どちらの説明書きも目に入っておらず、『クレオル』を作るときの作業が頭にこびりついていて、無意識に焼芋にしてしまっていました
裏ごしするには問題ありませんが、皮の色を使いたいガルニチュールとしては使えませーん
煮たら、皮も柔らかくなって食べられますが、焼芋にしたら、皮が・・・ごわごわ! オー・マイ・ゴッド!(*´Д`)
仕方ないので、紫色の皮の色が生地に入るところ、ごわごわの皮をむいて入れたら・・・
なんとも地味な切り口ですこと
b0254207_22115467.jpg
出来上がりに、裏ごししたサツマイモ入りのグラスをかけて、ちょっとだけおめかし+サツマイモ感UPしても、地味であることには変わりなし
生クリームでデコレーションしても、結局生クリームを取り除いてから食べるのだから、何もしないのが一番

「思ったより、おいしい」と、娘がコメントしていました
そーかい、そーかい、それはよかった♪
アーモンドパウダーを入れるべきレシピでしたが、わざわざ別のものに置き換えて作ったのですから、気に入ってもらえてよかったよ

さてさて、次は何を作ろうかしらね(*´ω`*)

by BakingEveryDayTM5 | 2019-10-16 20:12 | Cake | Comments(0)

抹茶のパウンドケーキ & 和三盆のパウンドケーキ

ようやく涼しくなりました
・・・って、今年の夏は猛暑にかかわらずタルトを作っていましたがね

今日は娘のお気に入り『抹茶のパウンドケーキ』と

b0254207_09570838.jpg
・・・と、和三盆のパウンドケーキ
b0254207_21421313.jpg
なぜ和三盆のケーキを作ったかというと、スーパーで「沖縄のとうきびで作った尚和和三盆です」と書かれたこの言葉に抵抗できず買ってしまったからです
私、『とうきび』とか『粗糖』とか『黒糖』とかいう言葉に弱いのです
黒糖なんて、そのままお茶うけにしてしまうほど好きです

せっかくの和三盆ですが、こうしてケーキにするとお砂糖の主張が足りない!ので、上から和三盆となかない砂糖を混ぜてふりかけました
でも、まだ和三盆の主張が足りないので、こうして薄めにカットして、食べるときに更に和三盆をふりかけて食べたら、やっと味が感じられます
こんなにして食べるくらいなら、ケーキにせず、和三盆をそのままスプーンですくって食べてりゃいいだろ・・・と、思われますよね
自分でもそう思います

今日は火曜日、では仕事に行って来ます(^^)/~~~


by BakingEveryDayTM5 | 2019-10-15 10:34 | Cake | Comments(0)

ELEGANCE

先週、府中の先生に教えていただいたドゥニさんのお菓子「エレガンス」についての備忘録です
りんごとカシスを使ったこのお菓子は、2002年の講習会の時のお菓子だそうです
b0254207_16402961.jpg
底生地と中生地はローマジパンを入れたジェノワーズ(ルセットにはビスキュイ・アマンドと書かれてありますが、別立てではありません)
生地の両面にカルバドスのポンシュを打っておきます
カシスの中詰めゼリー、リンゴをキャラメルでソテーしたものを用意しておいて、りんごのムースを作ります
シードルを煮詰めて(本来はシードルを10分の1まで煮詰めるのですが、今回は先生のトリックで別の材料で代用)、カルバドスやシューペルポンム(リンゴのジャム)、生クリームをゼラチンでまとめたムースをカシスのゼリーとキャラメリゼしたリンゴと中生地のつなぎのようにサンドしていきます
b0254207_16404729.jpg
最後にりんごジュースとカルバドスのジュレをかけてありますので、表面はツヤツヤ♪
食べるときにムラング・セッシュをつけると、全体的に酸味が効いたお菓子の甘さの足しになり、サクサクと良い食感のプラスにもなります
b0254207_16402157.jpg
紅玉はキャラメリゼされても、酸味を主張し、
カシスは鋭い酸味の中にまったり重い香りを含み、
りんごのムースに加えられた煮詰めシードル代わりに使われたバルサミコは独特な香りと酸味を加えています
これら3種類の酸味と香りが口の中で非常に複雑な効果を出します
さすがドゥニさんのお菓子ですが、ムラング・セッシュの見栄えが「エレガンス」というより、アルマジロ的な・・・
・・・と、表現したら叱られそうですね(ФωФ)フフフ・・・

話は変わりますが、今季最後のプラムを購入
山形のサンルージュです 
果肉が名前の通りのROUGE、予想以上の甘さ
b0254207_16391545.jpg
残念ながら無花果は楽しむことなく終わっていきます
買っても口の中のかゆみを気にしながら食べるのは決して楽しくありませんから

10月も間もなく半ば
そろそろ秋らしい気候を楽しみたいものです

by BakingEveryDayTM5 | 2019-10-13 19:07 | Cake | Comments(0)

今月も府中の先生のところへ♪

今日はお友達のMさんと一緒に府中の先生のところへうかがいました
Oさんもご一緒の予定でしたが、用事が入ってお休み
いと寂し( ノД`)シクシク…

今日のレッスンでは、Mさんと私は別メニュー
Mさんは「コーヒーのロールケーキ」を、私はりんごとカシスの生菓子「エレガンス」(下の写真右側)を習いました
もうお一人ご一緒で、「サツマイモと生クリーム」というケーキ(下の写真左側)と、コーヒーのフィナンシェを作っていらっしゃいました
b0254207_21334149.jpg
教えていただいた「エレガンス」については、まだ写真を撮っていないので、また後日UPしますが、今日もたくさんの試食をいただきました!
上の写真はもちろんですが、まずレッスン始まる前に手作り羊羹2種類とヌガー・モンテリマールを
b0254207_21330273.jpg
お昼には南瓜のスープとサブレミモレットを
b0254207_21332252.jpg
そして試食8種類のプレート
すっかり秋色のお菓子です
b0254207_21333381.jpg
ティーカップの隣にあるグリオット・チェリーのタルト!
先生ったら・・・私の大好きなギニョレット(グリオットチェリーのお酒)を目の前に置いたりなさって、全く意地悪ですね(ФωФ)フフフ・・・

今日いただいたお茶は緑茶ベースのマンゴー+シトラス(写真左のグリーンのパッケージ)
b0254207_21335033.jpg
いつもは写真右のオレンジ風味のルイボスティー
贅沢なお茶をいつもごちそうになっています

来月教えていただくお菓子は、またMさんとは別々になりそう
ワガママ聞いてくださる先生に感謝です
今日もありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ


by BakingEveryDayTM5 | 2019-10-10 21:54 | Cake | Comments(0)

イルプル卒研Ⅴ振替レッスンに参加

昨日、去年出られなかった卒研Ⅴの振替えレッスンに行きました
教えていただいたメニューは2つ
私には、新しくなった教室での初めてのレッスンでした

1つは『ミルフィーユ・ショコラ』
b0254207_21472211.jpg
私が最も苦手とする「パート・フェイユテ」の伸し作業からレッスンが始まりました
となりの人とペアになって、2人で3枚伸すわけですが、ラッキーなことに(というか、いつでも他力本願な私の本性が表れていたというか・・・)ペアになった方は古民家カフェを開いているいうプロフェッショナル!「あ、お願いします(*´ω`*)」と、2枚お願いしました
先生は何もおっしゃいませんでしたが、「KOOさん、相変わらず何してるの?」と言わんばかりのお顔でした

カスタードを炊くのも二人で♪
そこに入れるクレーム・オ・ブール(バター・クリーム)は既にスタッフさんによって仕上がっていたので、カスタードに混ぜて、さらにサワークリームとS・ゲアキルとパート・ド・カカオを加熱する作業も既に仕上がったものを渡されたので、混ぜて、最後にココアを混ぜたらクレームショコラの出来上がり
こんなふうにスタッフさんのおかげでほとんど混ぜるだけの作業でクリーム終了(ФωФ)フフフ・・・
今年度から、レッスンで1品は自分ひとりで作り、もう1品はこのように共同作業、そして、出来上がったものも半分なのです

もう1品は、栗とパイナップルという季節的に相反する材料を使うから、という意味で名づけられたという『ル・リゴロ(ひょうきんもの』
b0254207_21473078.jpg
栗のクリームを入れたダックワーズを焼き、型に敷きこんでおきます
生のパイナップルを火にかけて、たんぱく質を分解させる酵素を潰してからゼラチンで固めておきます
栗のババロアを作り、生地の上に約半分流してパイナップルのゼリー状態のものをのせ、また栗のババロアの残りの半分ほどを流します
そこに栗のシロップ漬けを散りばめて、残りのババロアをのせて冷凍庫へ
仕上げはパイナップルのジュレですが、これはお持ち帰りで家でかけました

試食時間(*´ω`*)相変わらず大きい試食・・・ル・リゴロのほうは食べましたが、ミルフィーユのほうは持って帰りました
b0254207_21473764.jpg
昨日のレッスンでは知り合いZERO
同じ班の方々はとても優しくて親切でしたが、やはり会いたいお友達と一緒ではないというのは実に寂しかったです
帰りの電車のなかで、思わず友達に「寂しかったよ」とメールしてしまいました(*´Д`)

卒研Ⅴのレッスンは5回のコース
あと1回、振替レッスンが残っています
スタッフさんたちにも「KOOさん、久しぶりのレッスンですね」と
たまには先生の手元を拝見させていただいて、忘れないようにしなくては・・・

・・・あ~ それにしても、昨日は疲れましたぁ
充実感残る疲れでしたが、久しぶりにクタクタ~(@_@。

先生、スタッフさんたち、有難うございました
また宜しくお願いいたします


by BakingEveryDayTM5 | 2019-10-03 16:29 | Cake | Comments(0)

蜂蜜とキャラメルと赤砂糖のパウンドケーキ

このブログを見てくださっている方の中で、最近ブログにパウンドケーキの割合が多いと思われている方がいらっしゃったら、BINGO!です
パウンドケーキにはアーモンドの粉を使うことが多いですが、我が家では娘がそのアレルギーですので、使えません
アーモンドの粉やナッツ無しのパウンドケーキを選んで作ってきましたが、そろそろ考えを変えて、アーモンドの香りやコクは出ないとしても、それなりに美味しくできるように他人様のルセットをベースに勝手にいじらせてもらって楽しんでいます

今日UPするのは本来はアーモンドの粉がたっぷり入るものですが、娘の希望したケーキなので、ミルクパウダーやその他の材料に置き換えて作ってみました
上からキャラメル・ソースをかけて、風味足しにしています
キャロットケーキやハミングバードケーキのようなアメリカンケーキの上に砂糖やクリームチーズなどがよくみられなどがますが、グレイズというものです
b0254207_17522200.jpg
正直なところ、食感、香りなどにおいてはプレーンすぎて寂しい感じがします
でも、食べるときにナッツなどを添えれば少しは足りない感を補えます
b0254207_12553355.jpg
家族が食べられるものでなければ、家庭菓子の意味がありませんからね(*´ω`*)
b0254207_17523176.jpg

今回のパウンドは主人と娘の「お弁当のおやつに入れといて」コールがありました
少し前のチョコレートとバナナのケーキの時は、娘は見た途端にNO、主人は1切れお付き合いして、あとは存在を忘れたようで・・・(忘れたふりか(*´Д`)?)
娘の「美味しかったら食べてやってもいいぞ」な態度にはしょっちゅうムカツキマス
まあ・・・一種のバロメーターとして、それはそれなりに感謝していますけどね
家族なのですから、イエス・マンになる必要はありません

さ、今日は何作ろうかしら(*´ω`*)

by BakingEveryDayTM5 | 2019-10-01 10:20 | Cake | Comments(0)

オレンジ・パウンドケーキ

イルプル―のオレンジ・パウンドケーキを久しぶりに作りました
バターに砂糖、卵黄をしっかり乳化させ、そこに卵白を加えて木べらで混ぜていく別立てのタイプ
サバトンのピールが無かったので、手近かでかえたピールを使ったら、やはり記憶の中の味にはなりませんでしたが、生地の美味しさは再確認できました
b0254207_18073584.jpg
いろいろなパウンドケーキを試していますが、やはり一番好きなパウンドケーキは、このオレンジかもしれません
誰が食べても美味しいと思うでしょうし、いつ食べても決して食べ飽きない味です

b0254207_18072513.jpg
今回は混ぜ方がよろしくなかったようです
オレンジピールが底に沈みがち
これは混ぜ方が足りなかったか、弱かったか・・・
(刻んだピールのサイズが大きかったということも原因に考えられますが)

記憶と香りとの関係はとても密接です
このケーキを考案なさった先生にとっては、オレンジの香りは何か心を温かくしてくれるものの象徴のようです
「早い春のひだまり」などはその代表かと

愛媛の無茶々園さんからこれからの柑橘類の発送申し込みが届きました
柑橘類が大好きな主人と娘、風邪予防にも柑橘類は良いので、早速注文しておきましょう
減農薬あるいは無農薬で育てていらっしゃるので、マーマーレードを作るのも楽しみですから♪


by BakingEveryDayTM5 | 2019-09-30 00:16 | Cake | Comments(0)

ココアとメープルシロップのパウンドケーキ

以前、お隣さんのご主人のお母さんがバーモントからいらっしゃった時にいただいたとっておきのメープルシロップ
「私が自分で作ったシロップよ」と、自慢のシロップをいれた瓶を手渡してくださったのがほんの去年のことのように思われます
その後、まもなくお体を悪くなさって、回復はなさったとのことですが、なかなか日本へはいらっしゃることはできないようです

そんなバイタリティーあるかたが作った風味メープルシロップを使ったパウンドケーキです
ペック社のしっかり濃い風味のココアと一緒に焼きました
b0254207_22294483.jpg
このボトルのシロップがおそらく手作りなさったものの中で最後だったかもしれません
木から樹液を集めて、精製して・・・「楽しいわよ」とおっしゃっていましたが、楽な作業ではありません
30リットルほどの樹液からシロップになるのは1リットルほどだという話を聞いたことがあります

最後の1滴まで大切に使わせていただきました
初めて開栓した時ほどの香りはさすがに薄くなりましたが、最後の1滴まで強い風味を持ち続けていました

・・・私もこのメープルのように年を取りたい

そう思います

by BakingEveryDayTM5 | 2019-09-29 23:24 | Cake | Comments(0)

大粒チョコチップ入りバナナ・パウンド*Chocolate chip banana bread

主人はお弁当の袋の中に、おかずと白飯以外に季節の果物とバナナを1本入れていきます
でも、時々バナナを食べる時間が無いらしく、バナナが余ってきます
ブラウンスポットが過多になって、全体が焼きナスのようになってしまったバナナはさすがに持って行けません"(-""-)"

それで作ったのが、チョコレートを刻んで混ぜたバナナ・ケーキ
あまりにバナナ臭がきついので、マッシュした後にダークラムをかけておきました
b0254207_14170111.jpg
焼きナスのように真っ黒になったバナナはこのケーキで消費完了
しかしながら、まだこのようにかなりスポッティになっているバナナが2本残っています
さて・・・何で消費しましょうかね(*´Д`)・・・そして、しばらくお弁当のバナナはストップしましょうか
いくらBanana Breadが私のお菓子におけるソウルフードだといってもねぇ・・・
b0254207_14165313.jpg

こういうパウンドケーキ、アメリカンケーキでは、Loaf とか Breadと呼ぶことがあります
だから、タイトルには Chocolate chip Banana Breadと書きました

今日は秋分の日
暑さ寒さも彼岸まで
でも、まだしばらく暑い日が続くそうです
中国語では、「春困、秋乏」と言うそうで、この意味は「春は卒業・入学シーズンなどで色々お金が必要で困るし、秋は夏休みに遊びすぎたツケがカード明細表に表れて金欠乏状態になる」ということ!・・・では、ありません
「春は眠くなりやすく、秋は疲れた感じがする」という意味です
確かに、ここ数日だるくて仕方がない感じがします

・・・ただ仕事の夏学期が終わって気が抜けてしまっているだけかもしれませんが(ФωФ)フフフ・・・


by BakingEveryDayTM5 | 2019-09-23 14:42 | Cake | Comments(0)

りんごとドライ・クランベリーのパウンドケーキ

今日UPするおやつは、銀杏切りにしたりんごとドライ・クランベリーを入れて焼いたケーキ♪
全卵を泡立て、溶かしバターを加えるタイプのバターケーキです
りんごは、お店にまだ紅玉が見当たらないので、黄王を使いました
クランベリーは9月から収穫される秋の赤い実です
クランベリーはコケモモの種類ですが、不思議ですよね・・・「クランベリー」というと少しかっこよく聞こえて、「コケモモ」という響きのほうが可愛い音に聞こえませんか
b0254207_09563401.jpg
この写真からは見えませんが、焼く時にキャソナードを表面にふりかけますので、焼き上がりはキャソナードが溶けてキャラメル化して、表面パリっ&サクッです
この表面部分、実に美味し!
同じ体積食べるなら、平たく焼いて表面部分がたくさん食べられるように形変えちゃおうかしら (ФωФ)フフフ・・・
パウンド型じゃなくて、四角いトレイ・ベイクってことでね♪

by BakingEveryDayTM5 | 2019-09-22 14:37 | Cake | Comments(0)