人気ブログランキング |

タグ:Cake ( 636 ) タグの人気記事

RED & GREEN BELL PEPPER CHIFFON CAKE

b0254207_1156176.jpgシフォンケーキは甘いものだけではつまらない!
シフォンケーキはフワフワだけでもつまらない!

従来のシフォンに飽きてきたけど、
まだシフォンが食べたい!
そういう方に御提案したいのが
この塩味シフォンケーキです。

赤と緑はピーマン、
赤ピーマンがいい仕事してます。

そこにベーコンとエダムチーズも入っていて、
朝御飯にはもちろん、秋の夜長の夜食にもピッタリです。

食感は従来のシフォンとは異なります。
少しパンの様に噛めます。
でも、シフォンなんです。

「シフォンは、こうあるべき!」という固定観念は捨てましょう。
初めて食べた時は驚きます(私も驚きました)がね。
慣れたもの以外のものに出会った時、戸惑いますが、それが新しいものとの出会いですから。

いかに私がこの塩味シフォンを気に入っているかという話はここまでにして、只今より、このシフォンで朝御飯と致します。

いただきま~す。
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-30 11:57 | Cake | Comments(0)

CARAMELIZED CAKE (A BLANCE)

b0254207_1752050.jpg久々に少し手のかかるケーキを作成
う~ん、達成感~
涼しくなったので、やる気が出てきています。

薄く焼いたケーキの生地に砂糖をかけて、キャラメライザーで煙を上げながら表面を焦がしていきます。
焦がし過ぎると苦いですが、しっかり焼かないとキャラメル化しませんし、旨味も出ません。
表面がキラキラしているのはナパージュをかけたからではなく、生地をカラメル化しているからです。

このケーキやシブーストなどを作った時、「キャラメライザー持ってるの?」と、驚く友達が多いですが、ガスバーナーに専用のコテを取り付けて加熱1分で使用可能という優れものを使っています。
世の中の進歩にはついていけないことが殆どですが、時にはこれの様に便利な道具が発明されて助かります。
おまけにお値段もお手頃。

しかし、いくら道具が優れものでも、使い手(・・・私です)が使いこなせないと、ダメです。
抑え方、焼きながら進む速度など、まだまだキャラメルしまくって慣れなくちゃ・・・!

さて、クリームはCRÈME AU BEURRE(バタークリーム)です。
でも、アメリカン・ケーキでよく使うタイプのバターと粉糖だけの安易安価(?)なものではありません、卵黄をプラスして、そこにヘーゼルナッツ・プラリネ・ペーストを投入、さらにカリカリした食感を加えるためにプラリネを砕いたものを混ぜ合わせぇ~!

バタークリームは気合だっ!

・・・とは言いませんが、本当に

これでもか?!

・・・とはいえるほど濃厚なものです。

1つで3回楽しいケーキです
パリパリ→ なめらか~→ カリカリ&シャリシャり

そして、1切れでケーキ3つ分の栄養あり
ですから食べるサイズは小さ目にカット、でも味が濃厚なので充分満足できます。

これを食べた主人は 「実に美味しいんですがね・・・・。」

何でしょう、その「・・・ですがね」というのは?
そういう奥歯に物が挟まったようなものの言い方は嫌いです。

「はっきり言ってください」と、私。

「本当に美味しいんですが、プラリネの砕いたアーモンドの粒とカラメルが奥歯に挟まって取れないんですよぉ!」

言葉通り奥歯に挟まって困ったいたとは・・・想像だにせなんだ。

いやはや、歳を取るとこういう問題も発生するんですね。
皆さん、食べられるときに充分食べることを楽しんでおいてください。
食べたくても、食べるのが怖くて食べられない日が、こうやって来るんですから・・・
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-26 17:08 | Cake | Comments(0)

PEAR CARAMEL CAKE

b0254207_19445234.jpg昨日作ったコンポート
半分はそのままコンポートとして食べて、
もう半分はカラメル風味のバターケーキに。

生地はマドレーヌ
そこに熱々カラメルを混ぜます

すると、溶け込むだけではなく、
温度差で固まったカラメルが生地に模様を残します。

焼く前にアーモンドを刻んだものをトッピングにすると、歯触りが楽しいんですが、娘がナッツ・アレルギーなのでやめておきます。

もっとたくさん洋梨が店に出てきたら、タルトやシャルロットなんかもいいなぁ。
作りたいものはたくさんあるけど、体型まで洋梨形にならないよう要注意。

ところで、皆さんは洋梨がお好きですか。
洋梨って生で食べる時、『食べ時』の判断が難しくありませんか。
「皮が黄色くなった時が食べ時」だそうですが、よしよし黄色くなったから明日にでも食べよう、なんて思っていたら、熟し過ぎていたり・・・。

つくばで出会った外国の人たちの多くが、「洋梨より日本の梨の方が美味しい」と言います。
日本の蒸し暑さ(残暑はこたえます)の中で食べるには、洋梨よりも日本の梨の方がみずみずしくて美味しいのは確かですね。
作物はその風土に合うよう創られているものです。

「じゃあ、洋梨は用無しだね」
「・・・・・?」

「え、今の意味、わからなかった?」
「ヨウナシ ハ ヨウナシダネ・・・ですか?」

「・・・もういいよ。今の 忘れて。」
私のダジャレが分かるようになったら、日本語特上級者認定です。

ところで、数年前、帰阪したときに梅田のデパ地下の生ジュースのスタンドで、「梨のジュース」を飲んだことがあります。
幸水か豊水か品種は忘れましたが、ミキサーでガーッと、一気にジュースに。
飲むと、梨のザラザラ感が微妙ですが、梨のやさしい甘さが渇いた喉に優しくて、はまりました。
今では梨が柔らかくなったときの我が家の定番ジュースです。
皆さんも、梨が余って柔らかくなったときにお試しください。

くどいようですが、舌触りはザラザラしていて微妙です。
なめらかな飲み物を御希望の方は、ジューサーにかけて果汁のみ搾ってください。
(ただしミキサーの方が、後のお片付け簡単です←これ重要)
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-22 19:49 | Cake | Comments(0)

TIRAMISU

b0254207_15154931.jpgたまにはイタリアなお菓子に挑戦。
イタリアのドルチェといえば・・・
やはりティラミスでしょう。

Tira引っ張って
mi 私を
su上に

まとめると「私を引っ張り上げて」。
転じて「私を元気づけて」だそうですね。

思い起こせば1980年代のバブルのころ、このお菓子が流行りました。
今でも廃れたわけではありませんが、TIRAMISU というイタリア語の意味からすると、そろそろ再び流行るのではないでしょうか。

Tiramisu!
Tiramisu!
Tiramisuuuuuuu! と、唱えながら作りました。

口に出して唱えていたら、きっと、私を元気づけてくれることがあるだろうと信じて。
別に落ち込んでいるわけではありませんが、もっと元気いっぱいになりたいと思いまして。

言霊信仰?
イタリアンなお菓子を作っているときに、言霊信仰はないだろうって?
・・・どうも失礼しました。

さて、では、エスプレッソ淹れて BUON APPETITO!

CIAO!
A DOMANI!
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-15 15:22 | Cake | Comments(0)

FINANCIER

b0254207_101439.jpg金塊の形をしたフィナンシェ。
この名前の由来からして、フィナンシエといえば、まずこの形を思い浮かべます。
最近ではスリムで長いものもあり、おしゃれに見えます。
(お菓子もスリムな方がスタイリッシュに見えるんですね・・・)

今日のフィナンシェは少し深型を使ったプレーンなもの。
深型の方が、焼き立ての時、外のサクッとしてバターの香ばしさと、内側のふっくらした味わいの違いが際立って断然美味しいです。

関西出身の私にとってフィナンシェといえば、アンリ・シャルパンティエ。
1975年ぐらいに、神戸のアンリ・シャルパンティエがフィナンシェを発売。
当時の私(中学生)にとっては、新しい味でした。
アンリのこの商品は何度も改良を重ねて発売され続けている商品ですが、歳を取ったせいか何だか油濃く感じます。
それと、独特の旨味だったはずのものと香りが、少し苦手なものになりました。
(娘は好きらしく、母が時々大箱で送ってくれるので、贅沢にも学校へおやつに持って行っています)

でも、なんだかんだ言っても、たまに食べると懐かしいものです。

私のフィナンシェはもちろんアンリ・アンリシャルパンティエのような派手な(?)装いも無く、味もシンプル。
でも、材料には気を付けています。

たくさん出来たから、御近所さんにおすそ分け。
フィナンシェのインゴット型を片付けながら、「ああ、このインゴット型が本物のINGOT(金塊)だったらなぁ・・・」って。

・・・・錬金術師にあらねば。
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-13 10:15 | Cake | Comments(0)

BLUEBERRY JAM & SCONES

b0254207_2155587.jpgおとといの日曜日の嬉しいいただき物、手作りブルーベリージャム。
自然な甘みのシンプルなジャムには、シンプルなスコーンが合います。
今日は少しだけ健康志向で、全粒粉を混ぜて作りました。

スコーンやアメリカンビスケット、そしてマフィンのような粉が全面的に出る素朴なものが好きですが、美味しい時間が長く保てないのが残念です。
私的には焼き立て少し後から3時間まで。

ある先生曰く「スコーンやアメリカンビスケットは、朝ササッと作って、食べてしまうんよ。それが一番美味しいしね。・・・・次の日までもたそうなんて、無理。まあ、出来て5時間以内が限界。」だと。

消費するのに時間がかかっては好ましくないことと同じく、作る時も「スコーンやアメリカン・ビスケットを作るのに5分以上かかってたら、その生地はもうねぇ・・・うちのスタッフは材料混ぜ始めてから3分ぐらいで一回分をまとめてオーブンに入れてますよ」とのことです。

それは早業。
でも、確かにベーキングパウダーが水分で作用始めるし、時間がかかるってことは生地を無駄にいじって捏ねているということにもなるので、単純に考えてもその通りですが、それにしても早いですよね。

ちなみに今日の私のタイムは5分をきりましたが、生地の分量が少なかったことがその理由だったかもしれません。
どうして、今日は生地を少なくしたかというと、いつもは薄力粉をベースにしていましたが、今日は中力粉をベースに全粒粉を加えて試してみたからです。
出来上がりは、やはりいつもに比べると、しっかりした食感。
でも、決して固いとか重いとかいう意味ではありません。
これからの季節の軽食には良いかもしれません。

何度も作ってみなくちゃね。
次に作るときには、クランベリーかデーツでも入れてみようかな。
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-11 22:01 | Cake | Comments(0)

BANANA MUFFIN

b0254207_2141597.jpg先日、主人が面白い話をしてくれました。
バナナって、熟度によって健康への効果が違うらしいよ、って。

まだ青い部分が残っているバナナは整腸効果有り
黄色く熟したバナナは活性酵素除去の効果(=美容・アンチエイジング)有り
茶色いシュガースポットの出ているバナナは免疫力向上と胃潰瘍抑制の効果有り

・・・なんだそうです。
詳しくは、インターネットでお確かめください。
ビタミンBの何とかが、どうだから何に効く・・・という科学的な説明は私の完全専門外なので宜しくお願いいたします。

しかし、知りませんでした。
バナナはお手頃価格で、栄養豊富で、食べるのにも手間いらずなので毎朝食べていますが、これからは黄色いバナナを集中的に食べます。
AN AGING WOMAN WILL CATCH AT A BANANA・・・・って。

あ・・・違いますか。
かなり苦しい捩りでスミマセン。

ところで、このキノコ型の溶岩肌の物体はBANANA MUFFINです。
ブラウンシュガーのクランブルがのっているので、ゴツゴツ溶岩のように見えます。
オーブントースターで温め直すと、クランブルがサクサクに戻る相当な優れものです。
バナナは美容に良いと聞くや否や早速いいあんばいに黄色くなっていたバナナでお菓子作り。

しかし、まあ・・・老化防止にバナナは良いとして、メタボ対策にマフィンはいかがなものかは分かりませんが。
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-10 21:09 | Cake | Comments(0)

PUMPKIN MONT BLANC CAKE ?

空との散歩道沿いに栗の木が植えられています。
いが栗がたくさん落ちています。
風のせいで落ちたのか、大きい実に成らせるために必要以上の実を持ち主さんが落とされるのかは分かりませんが、栗好きの私には勿体なく見えます。

栗の花が咲くころ、この近くを通ると花粉症になります。
栗の花の臭いは決して芳しくなく、喉がいがらくなり、鼻に痒みが出てきます。
栗の蜂蜜も独特な香りと味があるのが理解できます。

花に対してはアレルギーがあるのに、実の方は全くその問題がありません。
(娘はどちらに対してもアレルギーがあります)
毎年、栗が直売所に並ぶのが楽しみです。

b0254207_1848547.jpg・・・な~んて思っていたら、モンブランが食べたくなりました~。
でも、栗がまだなので、南瓜のモンブランを作ってみました。
勿論、栗は缶詰を使えば年中入手可能ですが、先ずは旬を待って地元の和栗で!です。

しかし、山吹色のモンブランって・・・なんだか見慣れないですよね。
初めクリームをこのようにトップに紐状に絞りましたが、しっくりこなくて中止。
次、星口でソフトクリームのように一気にグルグルっと絞りましたが、娘が見て「何?この
巻き巻きしたものは・・・何か汚いからヤメトケ。」
それで、再び紐状に絞りました。

それにしても、見慣れたものが与える影響って、大きいですね。
紐状にクリームを絞ると、たちまち 『モンブラン』=山吹色じゃない、という違和感が出てくるんですから。

このケーキは、土台に南瓜の裏ごし+クランブル付のビスキュイ生地のロールケーキを。
生地に巻いたクリームもにもグルグルターバンのようなトップにも全て南瓜の裏ごし入り!

南瓜の裏ごしを作るのは大変だろうって?
いえいえ、今回は全く。
初めて南瓜のピューレを購入したので、色々試してみましょうかと。
使えそうな材料を見つけておいて上手に利用するのも悪くないのかな、と思いました。
普段のやり方からすると、これは実に邪道に思えて気が引けているのですが、まあ折角の機会なので、南瓜のピューレがあるうちに、パンプキンパイ、南瓜餡パン、そして、プリンなどを試しておくと致します。
試食御希望の方がいらっしゃれば、是非どうぞ。
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-09 08:44 | Cake | Comments(2)

CORN GRITS MUFFIN

b0254207_1540535.jpg1か月前の帰阪の際、母が私に聞きました
「誰か食器や漆器が必要な人、いない?」と。

母は流行りの(?)断舎離にはまっているわけではないらしいのですが、齢80を目前に、「有ったら便利かしら、素敵かしら」は『不用品』と見なし、「無いと生活できない物」のみを『必需品』として、ひたすら片付けをしています。

17年前の震災で随分食器類が割れてしまったはずですが、まだこんなにあったんだ・・・というほど趣味で集めたものや引き出物などでいただいたものが残っていたようです。
4階のロフトに押し込めてあったものを少しずつ下ろしてきては、化粧箱に入ったセット物は誰かにあげたり、半端物は捨てたりしていたそうです。

「17年前の引っ越しの時、何で整理せんと全部持ってきたん?」と、聞いたら、「そんな考えてる余裕あらへんかったわ。あんたの本やレコードの方が、よっぽどか大変やったわ」と、叱られてしまいました。

ふと、あるラテンな友達の顔が浮かんだので、とりあえず大きい段ボール箱2つ分、良さそうなものを選んで、つくばに送りました。

「気に入ったものがあったら、いくつでも どうぞ。全部好きだったら、全部持って行って。」
「OK~」

彼女に箱の中から気に入ったものを選んでもらい、新聞紙で割れないよう包み終わったところで、ブランチのマフィンを「いただきま~す」。
コーヒーで有名な場所の出身だというのに、まったくコーヒーを飲まない人なので、とっておきの杏シロップでジュースを作ってあげました。

このCORN GRITSとBLACK PEPPERのマフィンは、ほとんど甘くなくて、こうやって野菜や果物を添えると
軽食になります。
少し小さいサイズなので、カロリーについても少しGUILTY度が少ないでしょう。
コーン・グリッツの粒々が気になる人も多いですが、慣れると美味しいです。


「お味はどう?」
「GOOD!」
「よかった~。もう1つどう?」
「ありがとう、でも、ガマンするマフィンを食べてたら、このベルトの上にのってる肉(MUFFIN TOP)が減らないから。」
「ホント、私達もっと運動しなくちゃね、HA, HA, HA!」

顔を合わせると「運動しなくちゃね」と言いながら、なかなか痩せられない私達。
ちなみに、この脇腹の贅肉はLOVE HANDLESとも言うんだと、先日まで我が家に泊まっていた友達に教えてもらいました。

今日、彼女が一番気に入ってくれたのは有田焼の土瓶と蓋付湯呑のセット、その次は(よく和食の店で使われている長方形の表が黒で裏が赤色の)配膳用のお盆でした。
茶わん蒸しのセットも、チラシずし入れも喜んでいてくれました。
その他、もろもろ・・・・結局Narumiの洋皿セット以外は、全て気に入ってくれたようです。

末永く使ってやって下さい。
もらってくれて、ありがとう。

「KOOさん、あなたは1つも要らないの?」
「ガラスの小さいコップをもらったから、充分。」
高さ10cmほどで、金色で模様が入っているものです。
古臭くて、やぼったいデザインですが、40年ほど前、家の食器棚の中にあったのを覚えています。

母にとっては不用品でも、私にとっては懐かしいお宝的なコップです。
b0254207_1643073.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-04 16:04 | Cake | Comments(0)

RARE CHEESE CAKE

b0254207_16172372.jpgチーズ・ケーキには色々な種類がありますが、我が家の3人の好みはどうかと言えば、
娘は、このレア・チーズケーキかスフレタイプのチーズケーキ
主人と私はベイクドタイプのどっしりチーズケーキ

今回はキリのチーズを使ったレアチーズケーキ。
出来立ては最高!
でも、賞味期限は1日。
数日大丈夫と言えば大丈夫ですが、出来立ての美味しさを知ってしまったらアウト。

・・・ですので、このレアチーズケーキは、いつも直径12cm~15cmで作り、できるだけ早く食べきるようにしています。

ところで、レアチーズケーキと言えば、以前このブログへの書き込みして下さった方が、懐かしいヒット商品について言及していらっしゃいました。

その商品というのは、『チーズケーキ クールン』。
CMは水沢アキさん。

焼かずにできます チーズケーキ クールン~♪

先程、調べてみたら、この商品は79年に販売開始、今でも販売されているそうです。
30年間のロングセラーなんですね、すばらしい。
この近くのスーパーにもあるのでしょうか。
探してみよう・・・
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-03 16:18 | Cake | Comments(0)