人気ブログランキング |

タグ:Pastry ( 246 ) タグの人気記事

クリームチーズとサワークリームとレモンと松の実のタルト

カレーのシフォンに入れるために買った松の実の残りを使って、その他の材料も全て残り物でスフレのタルト♪
b0254207_22325856.jpg
お盆休みに作ったまま冷凍庫に放り込んでおいたシュクレ生地を取り出してきて空焼き
クリームチーズ、サワークリーム、粉糖、粉を合わせて、レモン汁と皮のすりおろしも加えて、卵黄も加えて待機
スフレ風にしたいので、卵白を加えて卵黄生地に合わせたら、生地に流してオーブンへ
出来立ては全体的にプーっとふくらんでいましたが、冷めるにつれてしぼみます

粗熱が取れたころに「いただきまーす」
まだほんのり温かさが残っているときの食感は、まさにスフレ
b0254207_22330736.jpg
冷めてからは、うんと冷まして食べるとおいしいです
中途半端な温度はダメです

そろそろグリーンのレモンが出てきました
これは、娘のリクエストで作った「レモンのパウンドケーキ」
b0254207_08332756.jpg
全卵を泡立てて、溶かしバターを加えるタイプ
娘は今日UPしているタルトは絶対食べないだろうと思い、先にパウンドケーキを作りました
絶対食べない理由の1つは、松の実がのせてあるから
他の理由は、苺のタルトではないから(*´Д`)
b0254207_22324658.jpg
タルトの上にのっている松の実、イルプルのを使えばもっと美味しかったかもしれませんが、お高すぎて、残り物タルトのためにわざわざ取り寄せできません
イルプルの材料は確かに美味しいですが、手が出ないときもあります
習い始めたころは絶対に指定された材料じゃなくちゃだめだという気持ちになっていましたが(実際、材料が違えば、出来上がりも別物になることもあります)、最近は少し柔軟に(?)譲れる部分は譲って楽しみましょう♪になりました
このお楽しみ自分用タルトぐらいならね

今日も暑くなるそうです
亜熱帯地方になっている日本、熱中症にご注意(*´Д`)









by BakingEveryDayTM5 | 2019-09-10 08:41 | Pastry | Comments(0)

チーズと生ハムのタルトレット

週末に作ったタルトレットの備忘録♪
ブリゼ生地に生協のカマンベールチーズをキューブにカットして入れ、クリームチーズを混ぜ合わせたアパレイユで焼きました
塩味のタルトレットは軽食がわり
Sさんにいただいた信州のシードルといっしょに!(^^)!
b0254207_16183684.jpg
これはイルプルのメニューではありません
ある本に載っていたレシピで作りました
出来立ては、スフレのように軽くて美味しいように感じました
冷めてから食べると・・・あれ? 

あ、そういえば塩を入れ忘れてたかも
カマンベールもクリームチーズもそれなりに塩気があるし・・・と思っていたら、うっかりです(@_@。
でも大丈夫、冷蔵庫にあった生ハムをのせたら、塩味がプラスされました

今日は涼しいです
この涼しさが続いてくれると有難いのです
・・・でも、そうはいかないのでしょう
台風が近づいているようですし、天候不順
明日の天気はどうかしら
明日は娘にお供して浅草行きです
今日ぐらい涼しいとたすかるのですが・・・

さて、遊びの前に仕事!仕事!
今の非常勤の仕事に就いて、間もなく1年
去年の今頃は研修を受けてたっけ
あっという間の1年、週3日は日本語学校、残りの4日はお菓子と自由な時間
いいペースです

では、行ってきます♪



by BakingEveryDayTM5 | 2019-09-04 10:22 | Pastry | Comments(0)

Macaron aux groseille*レッド・カラントとメレンゲのタルト

本日のおやつは、空焼きしたブリゼ生地にグロセイユを入れて、
b0254207_18450862.jpg
ダックワーズ生地をのせて焼いたものです
b0254207_18452457.jpg
ルビーのように真っ赤で酸っぱいグロセイユ(groseille)、英語名はレッド・カラント(red currant)は、タルトに焼きこんだりする以外、お菓子の主役として登場することは殆どありません
大抵、生菓子の中詰め用として、あるいはデコレーション用として使われれています

冷凍のグロセイユしか手に入いらないのが残念ですが、フレッシュなグロセイユが欲しいので、いつか庭で育てようかしら・・・と思っています
b0254207_18451577.jpg
焼き立てはメレンゲの部分がサクサク・・・
中はグロセイユのジャム
メレンゲの甘さとジャムの酸味のコントラストが好きです
b0254207_18513658.jpg
メレンゲ部分がサクッとしているうちに食べ終わるのがいいので、今回は12cmのセルクルで作りました
グロセイユ、フランボワーズ、フレーズ・デ・ボア、ルバーブ、カシス、ブラックベリーなど、酸味あるものはこのようにシンプルなタルトやクランブルにそのまま焼きこんで食べるのが一番好きです
b0254207_18453074.jpg

今日、娘が大阪の実家から戻ってきました
ジジババ様にたんと食べさせてもらっていたようで、明らかに太っています
夏休み終了まであと数日、仕事が始まったら、一緒に元の体重に戻ろう(*´Д`)


by BakingEveryDayTM5 | 2019-08-16 19:10 | Pastry | Comments(0)

ガトーショコラのようなタルトレット

夏にチョコレート? 暑苦しぃ・・・とか、夏にタルト? 敷き込みにくい・・・とか、思われる方、いらっしゃいますか ( ´ ▽ ` )ノ
確かに、夏にプティ・ショコラを作るには、よほどの冷房完備がないとできないと思いますが、夏だってチョコレートのタルトは簡単で美味しいものです
私は夏にタルトレットに生地を敷きこむ時には、生地を1つのリングあたりの分量に切り分けてから敷きこむので、生地がダレたりしません
今回使用したのは6cmリング、これなら1つにつき25gぐらい
7cmなら、30gぐらい・・・と、生地を切り分けておくわけです

このココア生地のタルトレットは空焼きした後、アパレイユを流して更に焼きました
アパレイユの焼きすぎ注意です ぱさぱさになっては美味しくありません
なめらかなガトーショコラをイメージして、「もうちょっとかなぁ・・・」ぐらいの焼き具合でストップ
b0254207_15014910.jpg
ゲアキルを使ったので、カカオは55%ほど
ちょっと味にしまりがありません
アメールオールあたりを混ぜておけばよかったかもしれません

上にふりかけてあるのはピンクペッパー
風味付けです
大人っぽい風味になります
でも、クセが強いですので(ペッパー類の中では辛さが弱いですが)使う塩梅に注意必要
アップルパイに五香粉、グレープフルーツに黒コショウ、パイナップルやオレンジにカルダモン、和梨のコンポートにシナモンや八角・・・なども、ほんのわずか使う量によって、大失敗のもと
過ぎたるは及ばざるがごとし・・・ってね
そう言う私も、今年の春にカシスとホワイトチョコのタルトを作るとき、スミレのエッセンスをほんの1滴多く入れてしまったために、出来上がったタルトを口に入れた途端、「くっ・・・くっさー」と、吹き出しそうになりました(*´Д`)・・・

話は変わりますが、昨夜は8月のエスニック料理の会でした
先月はわが家でしましたが、今月は珍味亭で焼き肉!Sさんがお休みだったのは残念ですが・・・

実は、土曜日にも主人と娘と一緒に珍味亭へ焼き肉食べに行ったばかり(ФωФ)フフフ・・・
おばさんに「あらぁ・・・また来てくださったんですかぁ」と笑われてしまいました
値段+味+おばさんの人柄=焼き肉行くなら珍味亭

このお店に通うようになって、もう15年以上になりますし、エスニック料理の会のメンバーと行き始めてからも10年になりますが、昨日初めてメンバーで真を撮りました
私が自撮りで撮ったら、酔ってもないのにブレブレ
その写真をみんなに送ったら、「ブレブレぐらいのほうが、この年になるといいのかもよ」という返事が
まことに、そのとおりかも ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

ここ数か月、ご無沙汰していまして、おばさんが5月に体を悪くなさって、店を1か月も休んでいらっしゃったとは知りませんでした
おばさん、どうぞお大事に
また行きますね(*´ω`*)



by BakingEveryDayTM5 | 2019-08-13 14:31 | Pastry | Comments(0)

パイナップルのフラン

昨日タイ人のNさんが久しぶりに一緒に料理しに来てくれたことをUPしましたが、その時のデザートだったパイナップルのフラン
昨日朝、辛いレッドカレーの後に甘いお菓子が何もないことに気が付き、そそくさと作ったタルト
生地を作って、8時間ほど寝かせることもせず、伸せるほどに1時間ほどだけ冷やして固めたら、即タルトリングに敷きこんで、冷凍庫で20分ほど休ませたら、空焼きのためにオーブンに
空焼きが終わったら、パイナップルを入れて、アパレイユを流して20分ほど焼いてFINISH!
どうせNさんは遅れてくるだろうと思っていたし、予想通りだったので、十分に作業時間がありました

恐れたほど焼き縮みもなく、それなりの出来上がり(ΦωΦ)フフフ…
ただ、時間があったら、生のパイナップルを厚めにスライスして、マリネしておけたのですが、手元にあった缶詰で作ったので、大いに減点
何が減点かというと、缶詰のパイナップルは味に酸味が足りないことと、スライスした厚みが足りない 
でも、思い付きで作ったのだから、仕方ないか・・・
b0254207_16375817.jpg
それでもNさんはお行儀良い方なので、生のパイナップルだったら、熟れるのを待つのも面倒だし、カットするのも面倒だし、問題ない!「おいしいよ」と笑いながら食べてくれました

表面に黒い粒が見えますが、これはカルダモンです
オレンジをリキュールとカルダモンで少し漬けると、簡単なるデザートに
パイナップルやグレープフルーツには黒コショウを使うなど、果物とスパイスのひんやりデザートも美味しいものです
b0254207_16385608.jpg
さて、今日は今から前にお世話になっていた職場へ行きました
6年ほど前に私が担当していた会社の研修生のKさんがまた日本でしばらく勤務になり、今日は30回コース授業のなかでの発表会なのだそうで、私にも「見に来てください」とのこと
5年ぶりに再会したKさんは、30代半ばになり、結婚して小さい娘さんも一緒に日本へ来たのだと教えてくれました
スピーチの内容は「自己紹介」でしたが、その中に、以前私と勉強したことや感謝の言葉を入れてくれていました
スピーチの後、「見てください」と、カバンから取り出したのは、5年前の修了書と二人で取った写真付きのカードと、終了時のスピーチの原稿!
教師冥利につきますわ(´;ω;`)ウゥゥ
1時間目に渡した練習プリントを4時間目が終わった後ゴミ箱に放り込んで帰るバカたれもいるというのに・・・(ФωФ)
素敵な奥さんと可愛い娘さんのお写真も見せてくれました
家族3人、これから2年間日本での生活
以前の勉強の時よりも、もっと気合を入れて頑張ることでしょう
Kさん、また会える時を楽しみにしています




by BakingEveryDayTM5 | 2019-07-27 19:09 | Pastry | Comments(0)

ライムとコンデンスミルクのタルトレット

先週の木曜日のこと、ウォーキングを兼ねてスーパーまで歩いていったら、「皮も安心して使っていただけます」と書いてあるライムを発見!
「これは買わないという手はないやろ・・・」と、何かのCMのセリフが思わず口から出てしまいました
家に帰って、冷蔵庫から一昨日作った杏のクランブルの残り生地を取り出して、タルトレットにササっとしいて、即オーブンで空焼き
焼いている間に、卵黄、コンデンスミルク、ライム果汁と皮を混ぜてアパレイユ作り
空焼きが終わったら、アパレイユを流して、再加熱10分 
ライムをのせて出来上がりっす(ФωФ)フフフ・・・
b0254207_17514406.jpg
型に敷きこんでから休ませずそのまま焼いたので、焼き縮みあり
且つ、空焼きにの時にタルトストーンを入れなかったので、周囲の高さが不均一

ノープロブレム(*^^)v
おおらかなアメリカンパイですからね
思い立ったら即作れるところが良いところ

いただく時には、手で持ってガブリとしてもいいですが、こうやってカットすると、ちょうど一口サイズで食べやすいです
b0254207_17515027.jpg
先日の杏のクランブルの残り生地ですが、まだ使えました
あともう少し残っているので、さっさと使い切ってしまわねば

暑いときに、タルト類を作るのを嫌がる方が多いですし(確かにフィユテは私、無理です)、タルト類をおやつにするのを好まない方も多いですが、こんな風にさわやか系のものをササっと作って、よく冷やして冷たいお茶と一緒に食べると、悪くないです
ルバーブのクランブル、杏のクランブルに続き、ライムとコンデンスミルクのタルトレット(松之助の先生はKey Lime Pieと名前を付けていらっしゃいました)と、きました(ФωФ)フフフ・・・
元々、こういう系統が好みだったので、作り始めると加速しそうな予感です
しばらくこの系統のベーキングが続きそうな予感

・・・そして、体重増加の予感です(´_ゝ`)
b0254207_17521621.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2019-07-22 20:38 | Pastry | Comments(0)

ルバーブ♪ルバーブ♪・・・と思っていたら、お隣さんからルバーブが

お友達のブログでルバーブのタルトがUPされていて、美味しそう(*´ω`*)
我が家の庭の緑色のルバーブが大分成長してきていて、これそろそろ食べられるかしら・・・でも、赤いルバーブでタルトを作りたいなぁ・・・信州の農家さんに送ってもらおうかしら・・・ルバーブ♪ルバーブ♪と、思っていたら、なんとお隣さんからルバーブをいただきました
b0254207_13304104.jpg
信州のお知り合いからだそうで、んkgも届いたので、お裾分けだそうです
早速使う分だけ出しておいて、使わない分は冷凍庫へ
アップルパイと同じ簡単クラストをチャチャっと作り、クランブルもチャチャっと作り、生地を休ませることなく成形してルバーブをのせてオーブンで30分
b0254207_23562110.jpg
食べきりサイズのルバーブタルトの出来上がり♪
カットすると、赤いジャムになったルバーブが見えます
b0254207_23564818.jpg
食べる時には、もちろんバニラアイスをひとすくいのせて
b0254207_23563028.jpg
まだ熱いタルトとアイスをグちゃっ!と一緒に頬張る
うーん、幸せっす(*´ω`*)
b0254207_23564059.jpg
お隣さん、ご馳走さまです
お裾分けならいつでもウェルカムです

さて、日本語の仕事、4月からの春学期が終わって2週間ほどお休み
ブログも来週までお休みします(*´ω`*)

では、また来週♪



by BakingEveryDayTM5 | 2019-06-26 00:18 | Pastry | Comments(0)

カシスとすみれの香りのタルト

すみれの香りって、ご存知ですか
道端に咲いているすみれを摘むのが可哀そうですし、第一、すみれに香りがあるとは数年前までは思っていませんでした
今日UPするのはバニラビーンズ入りのシュクレ生地にカシスのアパレイユを流して焼き、ホワイトチョコにすみれの香料をつけたタルトです
b0254207_22261317.jpg
本来は浅いタルトリングで作りますが、今日はちょっと実験的に直径7cmで少し深さがあるリングで作りました
理由は単純! 小さく焼くと、切り分ける必要がない(敷きこむ手間はかかりますが・・・)ことと、カシスのアパレイユが好きだから
b0254207_22255680.jpg
しかし、結論としては、いくらカシスのアパレイユが好きでも、バランス的に浅いリングで焼いたほうが美味しく感じるということ(-_-)
パウンドケーキがいくら好きでも、分厚ーく切ってはあまりおいしく感じないのと同じで、適度なものがあるということですか

話は変わりますが、以前から欲しくて注文しておいた苗が届きました
b0254207_22263309.jpg
ニオイスミレとレモンバーベナです
我が家の庭では強いものしか生き残れません
手をかけて、何とか生き残れるものは要らないのです
ハーブは元々野草ですから、強いものですが、日本の風土に合わないとか、その土壌に合わないとかで難しいものがあります
我が家の庭でも合わないものがいくつかありました
その場合は潔く「合わないんだ」と、あきらめます
どういう場所に植えたらよいのか調べて、ゴールデンウィークあたりに地面におろします
このレモンバーベナとニオイスミレが生き延びてくれることを願います
b0254207_22260560.jpg
ニオイスミレって、どんな香りなのか?
うーん・・・表現しにくい香りです
バラのように甘くなく、ラベンダーのようにさわやかでもなく、少しツーンとする匂いです
一つ間違えると臭いです
香りというものはどれも一つ間違えると臭いです
適量厳守です

ちなみに、スミレのエッセンスを箸の先で測っていたのですが、箸に匂いがついてしまいました!
(ノ∀`)アチャー 箸を洗剤水につけて置いたら、においが取れたのか、鼻がこのにおいに麻痺したのかわかりませんが・・・においはなくなったようです
スミレの香料のついた箸で刺身を食べる(ФωФ)フフフ・・・なんて恐ろしいこと
トラウマになりそうですわ
b0254207_22262313.jpg
このスミレの花を砂糖をまぶして作ったものがなかなか手に入らないのですが、有難いことに、お友達がおフランス旅行でお土産に買ってきてくださいました
タルトレットの上にそれを砕いて飾りました
ピスタチオがあったら、彩りがほうふになったものを・・・こういう時に限って、ピスタチオの在庫がないとは!

もし、来年までこのスミレが生き延びることができて、花を沢山咲かせたら、その時には砂糖漬けにトライしてみます
来年の事を言えば鬼が笑う?
いやいや、来年なんて、またすぐですよ
だって、もう2019年が4月に入っているのですから

それより、スミレよ、生き延びよ! です
スミレよ、他のものに負けるな 天は自ら助くる者を助くなのだよ うちの庭ではね(ФωФ)フフフ・・・


by BakingEveryDayTM5 | 2019-04-06 19:34 | Pastry | Comments(0)

Tarte au chocolat mou et chiboust a l'orange en croute de caramel

今日のブログは一昨日の府中の先生のところでのレッスン備忘録です
今月おうかがいしたのは、ちょうどバレンタインデー♪
教えていただいたのは『チョコレートとオレンジのシブースト』
b0254207_09470638.jpg
先月のレッスンでこのメニューをお願いしておきました
「先生、おねがーい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°」と、シュクレ生地のタルトレットリング敷き込みもお願いしておきました
覚えていてくださったのですね、先生は・・・うかがったときには、机の上にタルトレットリングに敷きこまれた生地が並んでいました

「おはようございます」と、言いながら、先生は空焼きしてくださって、湿気防止の卵黄も塗ってくださって、その間Mさんと私は先生の作業を拝見しながら、先生とおしゃべり♪
焼きあがったあたりで、ようやくMさんと私は作業を始めたという、なんて先生頼りな態度の悪い生徒たち(ФωФ)フフフ・・・

作業は、まずベネズエラ(チョコ)を使ったムースを作って、焼きあがった生地に入れて固めます
そして中に入れるオレンジをカルチェにカットしてキルシュをふりかけておきます
その後、カスタードを炊いてゼラチンとオレンジの香りを溶かしておき、保温して、イタリアンメレンゲを混ぜてシブーストクリームを作ります
固まったチョコムースの上にオレンジをのせ、その上にシブーストクリームをしぼり、こてを当てます
ちょこっとお焦げができてしまいましたが、ご愛敬ということで・・・(*´ω`*)
b0254207_21412278.jpg
シブーストは表面のキャラメリゼがパリパリのうちに頂くのが一番です
「これぞ生菓子!」です

断面はこのようになっております
b0254207_21414897.jpg
そして、一昨日もたくさんの試食と
b0254207_09472037.jpg
チョコレート♪
b0254207_09452861.jpg
先生、今月も美味しく楽しい時間を有難うございました
来月もよろしくお願いいたします(*´ω`*)

by BakingEveryDayTM5 | 2019-02-16 22:19 | Pastry | Comments(0)

薄焼きアップルパイ

娘の好物「薄焼きアップルパイ」♪ 
パイという名前は付いていますが、生地はフィユテ(いつもの折パイ)ではありません
フープロでガーっと回して作るお手軽でありながら、そのパイに似た食感が嬉しいブリゼ生地です
b0254207_09440146.jpg
長ぼそく伸した生地に水切りヨーグルトを少し塗って、薄切りリンゴを並べてオーブンへ
200℃(電気オーブン)で約40分しっかり焼きます
杏ジャムを塗って完成

リンゴと言えば、つい最近、懐かしい名前のリンゴをスーパーで見かけました
印度りんごと国光!
なんて久しぶりに見たことでしょう
子供のころは、贈答用としてフジ同様扱われていた記憶がありますが、いつしか店では見かけなくなっていました
思わず手が伸びて、1つカゴに入れかけましたが、「やめた・・・」
近くのスーパーのりんごには何度も失望させられているので、やめました

・・・でも、ちょっと未練あるんだなぁ
印度りんご&国光りんご🍎

食べて結局がっかりするかもしれませんが、次回見かけたら、買ってみることにします(ФωФ)フフフ・・・


by BakingEveryDayTM5 | 2019-02-12 20:27 | Pastry | Comments(0)