タグ:Pastry ( 192 ) タグの人気記事

Evasion(エヴァジオン)

今日のマダムTとの自宅レッスンは間もなく色づくラズベリーを使ったシュークリーム『Evasion』
「南仏への憧れと日常からのエスケイプ」と副題が付けられているこのお菓子は、ビスケット生地をのせて焼いたシューでフランボワーズとマスカルポーネと生クリームを混ぜたクリームをサンドしてあります
フランボワーズのコンフィチュールしてをシューの底と実に絞ってフランボワーズの味を強調します

マダムは焼きあがったシュー生地とクリームを別々にお持ち帰りになりました
召し上がるときにサンドするのがベスト
ですので、この写真は私が試食にお出ししたものです
b0254207_21090260.jpg
このシューは上に書いた通りビスケット生地がのせてあります
b0254207_21091195.jpg
焼き立て最高に美味しいです
バターにキャソナード(赤砂糖)や粉を混ぜた生地が焼けて、表面ザクザク!
こちらはマダム作のシューです
b0254207_21092187.jpg
クッキー生地が編み物のように見えるところから、「パータ・トリコテ」とルセットにかかれています

今日もマダムの畑から嬉しいいただきものです
b0254207_21175666.jpg
ソラマメと蕗の佃煮です
いつも季節の食べ物を有難うございます
またお目にかかれる日を楽しみにしております(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-20 21:24 | Pastry | Comments(0)

カレ・アルザシアン

10日ほど前の自宅レッスンでのメニューだった『カレ・アルザシアン』
本来はパート・フィユテ(パイ生地)で作るところ、レッスンではパート・ブリゼを使用しています
ブリゼ生地を作る時に、生地をまとめる時に重ねるようにしながらまとめると、焼いた時にパイ生地のように層が綺麗に出ますので、パイ生地のように時間を空けて生地を折る必要が無く簡単ですし、比較的暑くなっても生地作りがパイ生地作りより容易です
食感はフィユテ生地の方がブリゼ生地よりハラハラと崩れる感じですが、ブリゼ生地もうまく層が出来ていれば、それに近いザックリ&ハラハラした食感が得られます

フィユテ生地を作るにはそろそろ気温が高くなってきているので、フィユテ生地今期の自己練習のシメに折りパイ生地で『カレ・アルザシアン』を作ってみました
b0254207_21362634.jpg
フィユテ生地を使って作るこのお菓子がブリゼ生地より良い点は伸しやすいこと
ブリゼ生地を3mmで四角くキレイに伸すのは結構メンドイです
それに比べてフィユテの方はヒュイヒュイと(真四角に伸すのは苦手ながら)生地が伸びていってくれるので楽です
b0254207_21364002.jpg

しっかりピケしても、焼いている途中でやはりフィユテ生地は浮いてくるので、天板で押えましたが、うーん・・・一部まっすぐに焼けず、少々反っていました
b0254207_21360510.jpg
フィユテ生地を四角く伸している時、ミルフィーユかアリュメットかの再受講で「カドをしっかり出すよう伸して」と先生とスタッフさん達がテーブルを回りながら注意なさっていて、「私、やはり根が関西なもので、角を立てるようなことは出来るだけせえへんようにしてきたもんで・・・お正月のお餅も丸いんですぅ、フィユテ生地も角出して真四角に伸すのは困難ですわ。」と、出来ないことをこんな理由をつけながら時間をかけて四苦八苦しながら四角く伸していたことを思いだしました
我ながら、地方の文化を背景にもつEXCUSEだと思います(ФωФ)フフフ・・・
b0254207_21361660.jpg
「母ちゃん、そんなこと言ってるからダメなのよ・・・」
b0254207_21352873.jpg
はい・・・ごもっともです
フィユテの練習は、ひとまずこれにてお休み 
また秋になったら始めましょ♪

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-24 22:41 | Pastry | Comments(0)

PB & J

時々思い出したように食べたくなるアメリカンなお菓子
b0254207_21361476.jpg

空焼きしたざっくした生地の上にピーナッツバターを塗って、その上にジャムを重ね塗り
胡桃とクランブルをのせて焼いたPB & J
b0254207_21362605.jpg
少し前の私だったら、もっと分厚くて食べごたえあるように作っていただろうな・・・と思います
今はこのぐらい薄っぺらくてちょうどいい

重いお菓子に見えますか?
そうもないんですよ 

時々こういうアメリカンなお菓子が無性に食べたくなるのは、私のお菓子作りの始まりがアメリカンにあるからかもしれません
計量も味もざっくりおおらかなアメリカンなお菓子 
そのうち、スモア(S' MORE)でも作ろうかしら (ФωФ)フフフ・・・
いやいや、やっぱりエイミーズベイクショップで思いだしてしまったキャロット・ケーキかしら
今のような花粉症でのんびりしていたらそのまま1日何もしないまま終わってしまいそうな時期には、アメリカンなお菓子作りが楽しいです

さて、明日は藤沢の「ねこのひげ」さんのところでフレンチのレッスン
美味しいお料理の作り方を教えていただくだけでなく、先生に元気とやる気を注入してもらって来ます(ФωФ)フフフ・・・






[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-03-15 21:50 | Pastry | Comments(0)

完全に暖かくなる前に冷凍庫の残り物を・・・

ここ数日、暖かい日が続いています
前代未聞の強烈な花粉症で薬が効かずに参っていましたが、ようやく効いてきました
年を取ってきたら、体の反応が鈍くなって、花粉症が緩和されると思っていたのは大間違いなのかもしれません

年に何度か冷凍庫が空になるまで、そこにある残り物を食べる時期があり、現在がまさしくその時です
何が残っているかというと、アイスクリームとバターとパイシート
アイスとバターは残しておいても大丈夫ですが、パイシートは食べてしまわないと風味もへったくれもなくなりそうです
一番良い消費方法は昼ご飯にコツコツ食べること
甘いパイにしてしまうと逆に消費しにくくなる私
甘くなければ、クラッカー代わりにしたり、ジャムをサンドすることもできますから
b0254207_10054983.jpg
素焼きにしたパイはスープのお供にになりました
このスープは・・・家族の2人は好きではないようですが、私は好きな『鱈とジャガイモのスープ』
やわらかい鱈の身とジャガイモにサクッとしたパイ
美味しいと思うんだけどなぁ・・・
どうしてあの二人はこのスープを「いらない」って言うんでしょう

空焼きした残りのパイにリンゴをソテーして、キャラメルをかけてもう1品
b0254207_10061252.jpg
熱々のキャラメルは危険ですが、こうしてかけてしまえばいい塩梅に冷えて温かいソースです
サックサクの焼きたてを楽しめるのは、作った者の特権(*´ω`*)

・・・残り物になってしまったものを消費するのも作った者の責任(;^ω^)

空には、これで十分でしょ
b0254207_10055858.jpg
「これだけじゃ、有難うっていう顔できない」と言わんばかり 不服そうですね
要らないなら食べなくていいから・・・と、お皿を目の前からのけようとしたら、慌てて「ちょーだい」の表情になりました

こんなことしているから、「空ちゃん、また丸くなりました?」と、思われるのですね
今はまだ「冬毛なんです」と、答えられますが、春先にはもうこの言い訳は通用しません

あ・・・私もだわ (ФωФ)フフフ・・・


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-03-14 13:48 | Pastry | Comments(0)

春と冬が行ったり来たり

4月なみに暖かくなったり、昨日のように冬に戻ったり、それでも花粉症が日々ひどくなっていっているので春に向かっているのは確かですが、この気温の変動に体がついていきにくく、結構だるい毎日です
お友達のMさんが、この気候のせいで喘息の大発作!
点滴に通わなければならない状態だそうで、今日の府中の先生のところでのレッスンはお休み
1人でレッスンしていただくのは申し訳ないと思いましたが、先生のご厚意でこのとおり(*´ω`*)
b0254207_14183024.jpg
これは『Crambel aux fruits et aux epices(果物とスパイスのクランベル)』というタルトレットです
空焼きしたパートシュクレにミルリトンのアパレイユを入れて焼きます
今回のアパレイユは生クリームではなくココナッツクリームとサワークリームです
焼けたら、その上にソテーしたパイナップル、マンゴー、ライチというガルニチュールをのせ、さらにキャトルエピスが微かに香るクランブルを振りかけて焼きます
このクランブルはいつもの作り方とは違い、いったん乾かすように焼いたクランブルを再度バターをほぐしながら混ぜて再度焼くという面白い作り方です
このタルトレットは初夏から暑い間でも美味しくいただけるのは確かです
(暑い時期にタルトレットに生地を敷き込むのはちょっと・・・とは思いますけど)

昨日は私一人でしたが、先生はいつものようにお昼をごちそうしてくださり、
b0254207_14292448.jpg
数々の試食も出してくださり、
b0254207_14295786.jpg
チョコレートも(*´ω`*)
b0254207_14294669.jpg
断面をご覧ください
b0254207_14293643.jpg
3つともパート・ド・フリュイを応用なさっているもので、左のはカシス、中央はカシスとフランボワーズ、右はパッションです
それぞれにチョコレートを重ねてガナッシュを作り、トランぺしたものです
先生、来年はアプリコットでレシピを開発なさってください

昨日はレッスン50%、御馳走になったのが50%という比率でした
来月はMさんと一緒にうかがいます

さて、昨日主人がくれたバラの花は部屋の暖房で少しずつ開いていっています
b0254207_14362058.jpg
寒い部屋に置いた方が長持ちするのはわかっていますが、折角のバラですから見える場所に置いておきたいものです
・・・そうなると、やはりリビングなんですよね
b0254207_14365015.jpg
そうなると、やはり暖房から逃れらなくて
特に今のような花粉症の季節は寒いと感じていなくても体を少し温めないと風邪と同じ症状を感じてしまうので
b0254207_14363277.jpg
昨日のブログに髪を切ったことを書きました
読んでくださったSさんからメッセージをいただきました
「髪型を変えたくてカットした時は運気の変わり目」だそうです
メークを変えるのも良いのだそうです
そう聞くと、20年以上買っていなかったチークやリップを買ってみようかな・・・と、ちょっとそわそわしたりして( ̄ー ̄)
娘に「母ちゃん・・・見ていて痛いよ・・・それ・・・」と、言われない程度にやってみることにしましょう
だって春ですからね


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-03-09 14:51 | Pastry | Comments(0)

サツマイモとバナナのタルト

今日は自宅レッスン日♪
お越しくださったのはいつも元気はつらつ☆マダムTさん
ご希望いただいたメニュー『サツマイモとバナナのタルト』
実は、他にご希望のお菓子がありましたが、私が作ったことない焼き菓子だったので、このお菓子になりました
焼き菓子というのは本当にシンプルであればあるほど、混ぜ方で出来上がりが変わります
まずはお手本を試食して、何度か(何度も)練習してみないと不安ですので、このむねをお伝えしたところ、御了承いただいたというわけです

マダムTはお菓子作りベテラン
ですので今日の作業も(昨夜作っておいた)生地を伸して、1時間休ませている間にサツマイモを煮て、クランブルも作って、シュクレ生地のレッスンもして、空焼きしたあと(昨夜仕込んでおいた)クレームダマンドとサツマイモとバナナとクランブルをのせって焼きました
焼いている間に、クレームダマンドのレッスンもして・・・実に予定通りの運びとなりました

焼きあがったのはこちら
b0254207_18542652.jpg
大きい方がマダムT作、直径16cmです
小さい方のが私作、直径13cmです

冷ましている間に賄の昼ご飯&おしゃべり&試食タイム
b0254207_18543660.jpg
やっぱり焼き立てのサクサのクシュクレ生地とザクザクのクランブルは美味しい
そして、バターの良い香り
この焼き立ての味わいを知ってしまうと、クセになりますぞ(ΦωΦ)フフフ…

マダムから嬉しいいただきものです
いつもながら手作りお土産をくださり、恐縮です
今日はマダムの畑で取れた胡瓜と生姜の古漬けとちりめん山椒です
ご飯が止まりません
b0254207_18544796.jpg
この古漬けとちりめん山椒と味噌汁(このお味噌もマダムが以前作ってくださったものです)があると、ご飯止まりません
有難うございます
私を更に太らせてくださいまして・・・

今日も楽しいひと時を有難うございました
今日お持ち帰りになった生地とクレームダマンドで復習なさってください(*´ω`*)
またお目にかかれるのを楽しみにしております



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-19 19:09 | Pastry | Comments(0)

コッペパンのようなシューに苺とカスタードをいっぱいサンドして

今日のおやつもプティ・ショコラ♪
・・・という予定でしたが、娘からの希望でシュー・クリーム
ちょうど昨日、苺4パック入り1箱を1200円で買ったので、やわらかめのカスタードクリームを生地の底に入れてその上に苺をいっぱい入れて
b0254207_13433548.jpg
苺の上にまたカスタードをのせて、いただきまーす
b0254207_13432057.jpg
今日のシューは丸くもなく細長くもなく、コッペパン型♪
b0254207_13444733.jpg
空の背中のようにまーるく長い
b0254207_13441078.jpg
空には苺をひとつどうぞ
b0254207_13435835.jpg
空は苺が大好きなんです
以前庭にラズベリーを植えていましたが、実が赤くなったら空の口が届く範囲の実をパクパク
でも、枝から食べている姿が可愛くて好きに食べさせていたものです

話しは変わりますが、今日は立春 
少し温かくて、朝の散歩の時に耳カバーが要りませんでした
シクラメンも2つ目の花をこうして咲かせ、
b0254207_13442074.jpg
3つめ、4つめの蕾が開いていくのを見るのが毎日の小さな楽しみの1つです
b0254207_13442967.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-04 17:47 | Pastry | Comments(0)

ミニサイズの金柑タルト

先週のレッスンの時にKaさんからいただいた金柑
b0254207_10444094.jpg
ブリゼ生地を12cmのセルクルに敷き込み、アーモンドクリームの上にシロップ煮にした実を並べてゴマもふりかけて焼きました
b0254207_10442175.jpg
アーモンドクリームにフルーツというとっても平凡ながら定番のコンビ
フルーツは季節によって色々変えられて、この組み合わせは年中楽しめます
・・・と言っても、春には苺とアーモンドクリームのタルト、夏にはバナナ等のトロピカルフルーツとアーモンドクリームのタルト、秋には無花果とアーモンドクリームのタルト・・・と、ずっとアーモンドクリームばかりに頼っていてはさすがに「またこの組み合わせですか(^▽^;)」と思われてしまうでしょうが、それでもやはりこの組み合わせは不滅のコンビなのです
b0254207_10443125.jpg
Kaさん、お庭で摘んできてくださった金柑、このタルトの後そのままいただきました
小さいながら、しっかり金柑の甘さと苦さを主張していました
ごちそうさまです

さて、まもなく2月です
レッスンの予定をHPにUPしましたので、ご覧ください
(珍しく、HPの更新が早い・・・きっと週末はまた天気が荒れるかも(ФωФ)フフフ・・・)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-27 22:13 | Pastry | Comments(0)

クン・オップ・ウンセン&ミィエン・プラ・トゥ

(ΦωΦ)フフフ…美味しそうでしょ 『クン・オップ・ウンセン』といいます
b0254207_18111574.jpg
これも、美味しそうでしょ(* ̄▽ ̄)フフフッ♪ 『ミィエン・プラ・トゥ』といいます
b0254207_18112581.jpg
今年もタイ人のお友達Nさんのお家へレッスンにうかがいました
今日のメニューは『クン・オップ・ウンセン』だけを習う予定でしたが、「1品だけじゃ寂しいからね」と、『ミィエン・プラ・トゥ』も作っておいてくださったのです

「クンは海老、オップは・・・土鍋の中で料理するもの、ウンセンは春雨だよ」と、Nさんは言いながら材料を並べていきました
b0254207_18114742.jpg
土鍋の中に豚バラを並べ、生姜、にんにく、パクチーの根、ペパーシードを入れて、
b0254207_18120863.jpg
海老をのせて
b0254207_18121930.jpg
オイスターソース、鶏ガラスープなどに浸しておいた春雨をのせて、そのつけ汁も入れて約8分煮たら出来上がりです
b0254207_18123164.jpg
辛み無し、オイスター&醤油&の鶏だしベースに海老のうま味が出た誰でも食べやすい春雨料理です

もう1品の方はすでに出来上がっていて、作り方を習うことができませんでしたが、後日唐辛子やピーナッツの入ったピリ辛ソースの作り方を教えてくださるそうです 
プラ=魚、トゥ=鯵のことで、こんなふうに色々なものを一緒に食べることなのだそうです
b0254207_18130183.jpg
ソースだけでも十分ピリ辛ですが、そこに生の生姜をひとかけのせると、これまた美味しい!
やっぱ、味においてDNAが違います

Nさんは毎週タイのお寺の集まりに行くので、何か美味しくて作りやすいお菓子を教えてほしいと言っていたので、サブレと苺風味のメレンゲを紹介しました
b0254207_18131292.jpg
キレイにできて良かったですね(*´ω`*)
和食器が大好きだというNさんが「KOOさん、暖かくなったらまた合羽橋に行きましょ」と
はい、はい、行きましょう
そういえば、ミィエン・プラ・トゥをのせているお皿は、合羽橋で買ったお皿です

上の写真のサブレとメレンゲの奥にあるのは『フラン・ナチュール』です
Nさんと息子さんがカスタード・クリームが大好きだとだと聞いていたので、焼きカスタード・クリームのタルトを今朝焼きました
b0254207_18134544.jpg
直径12cmのミニサイズ このタルトの賞味期限は本日中ですから
b0254207_18133529.jpg

Nさんから嬉しいいただきものです
b0254207_18132354.jpg
年末、実家のお母様が心臓と糖尿病の悪化で入院なさったそうで、急にタイに戻ったそうです
ピリ辛ピーナッツ(メキシコ風?)と、ロンガンの花の蜂蜜です
有難う、Nさん 
お気遣いは嬉しいですが、お土産話だけで充分ですから(*´ω`*)

来月は何を教えてくださるのかしら
「ヤング・ココナッツとパンダンリーフジュースのシフォンケーキって、美味しいんですよ」と、Nさんがニコニコしながら言っていたので、もしかしたら、お料理プラスそれかしら
楽しみです 
・・・Nさんにちょっとプリッキーヌの量を減らしてもらった方がいいかもしれませんけど

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-25 18:57 | いろいろ | Comments(0)

アメリカン・アップルパイ

お稽古を始める理由や動機は様々で、どれだけ続けて、どこまで到達させるかも様々
今から8年前の春から始めた「お菓子」のお稽古はこんなに熱中するとは思っていなかったのが本音

以前お世話になっていた『松之助』の先生は40代後半で留学なさった時、お菓子を生業にしようと決めて勉強を始められたと聞きました
先生のレッスンでは生徒さんにしっかり覚えて欲しいと願うから厳しい言葉も聞かれましたが、そんな先生にも初心者の頃があり、お世話になった先生がいらっしゃったわけで、(ФωФ)フフフ・・・どのような受講生でいらっしゃったのでしょう

今日のおやつはアップル・パイ
b0254207_16044132.jpg
「21のアップルパイ」という先生の古い本によると、初めてついたローリーさんというベーカリーを営んでいた方に最初に習ったものだそうです
「何も飾らない、味も形も一番しプるなアップルパイ。これがアップルパイの基本です。」と、書いてある通り、本当にシンプルそのもの
バターとショートニングが2:1で使われています
生地には砂糖が入らず、少々味気ない生地のような印象がありますが、これはこれでアメリカンな美味しさなでしょう
b0254207_16043254.jpg
熱々を食べるのは中のリンゴで火傷しそうになるので危ないですが、ここにバニラアイスをのせて、じゅわーっと溶けるアイスをソースにしながら食べるのも美味しいものです
今日は朝焼いて、午後のおやつにしたので、すでに冷めてしまっています
少し温め直したらOK
b0254207_16045326.jpg
翌日以降はクラスト(生地)のサクサク感(底の部分)は当然なくなります
生のスライスしたリンゴをそのまま入れて蒸し焼きにしてあるのですから、これは仕方ありません
でも、娘はそれが美味しいと言います  
そうかな・・・そうかもしれません
b0254207_16040021.jpg
約2年通った松之助、習ったメニューはわずかに20ほど
アップル・パイは1年に2回だけ その時の予約を取るのが大変でした
素朴なアメリカン・ケーキ、好きだったのに何故続けて行かなかったのか
それは非常に単純な理由で、ベーキングパウダーとベーキングソーダの味(?)が舌に残るような気がして、どうしてもそれが苦手だったから
気にならない人にとっては、本当に何とも感じないそうです
ゼラチンのにおいが気になる人もいれば、そうでもない人もいるようなものです
b0254207_16041213.jpg
ですが、今でも時々このアップル・パイだけは無性に食べたくなって作るのは、この上なくシンプルなこの焼き菓子の味が好きで、子供の頃に見たディズニーの白雪姫のパイと古いアメリカの映画の影響も大きいのかも・・・


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-14 16:06 | Pastry | Comments(0)