タグ:Pastry ( 238 ) タグの人気記事

Tarte au chocolat mou et chiboust a l'orange en croute de caramel

今日のブログは一昨日の府中の先生のところでのレッスン備忘録です
今月おうかがいしたのは、ちょうどバレンタインデー♪
教えていただいたのは『チョコレートとオレンジのシブースト』
b0254207_09470638.jpg
先月のレッスンでこのメニューをお願いしておきました
「先生、おねがーい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°」と、シュクレ生地のタルトレットリング敷き込みもお願いしておきました
覚えていてくださったのですね、先生は・・・うかがったときには、机の上にタルトレットリングに敷きこまれた生地が並んでいました

「おはようございます」と、言いながら、先生は空焼きしてくださって、湿気防止の卵黄も塗ってくださって、その間Mさんと私は先生の作業を拝見しながら、先生とおしゃべり♪
焼きあがったあたりで、ようやくMさんと私は作業を始めたという、なんて先生頼りな態度の悪い生徒たち(ФωФ)フフフ・・・

作業は、まずベネズエラ(チョコ)を使ったムースを作って、焼きあがった生地に入れて固めます
そして中に入れるオレンジをカルチェにカットしてキルシュをふりかけておきます
その後、カスタードを炊いてゼラチンとオレンジの香りを溶かしておき、保温して、イタリアンメレンゲを混ぜてシブーストクリームを作ります
固まったチョコムースの上にオレンジをのせ、その上にシブーストクリームをしぼり、こてを当てます
ちょこっとお焦げができてしまいましたが、ご愛敬ということで・・・(*´ω`*)
b0254207_21412278.jpg
シブーストは表面のキャラメリゼがパリパリのうちに頂くのが一番です
「これぞ生菓子!」です

断面はこのようになっております
b0254207_21414897.jpg
そして、一昨日もたくさんの試食と
b0254207_09472037.jpg
チョコレート♪
b0254207_09452861.jpg
先生、今月も美味しく楽しい時間を有難うございました
来月もよろしくお願いいたします(*´ω`*)

by BakingEveryDayTM5 | 2019-02-16 22:19 | Pastry | Comments(0)

薄焼きアップルパイ

娘の好物「薄焼きアップルパイ」♪ 
パイという名前は付いていますが、生地はフィユテ(いつもの折パイ)ではありません
フープロでガーっと回して作るお手軽でありながら、そのパイに似た食感が嬉しいブリゼ生地です
b0254207_09440146.jpg
長ぼそく伸した生地に水切りヨーグルトを少し塗って、薄切りリンゴを並べてオーブンへ
200℃(電気オーブン)で約40分しっかり焼きます
杏ジャムを塗って完成

リンゴと言えば、つい最近、懐かしい名前のリンゴをスーパーで見かけました
印度りんごと国光!
なんて久しぶりに見たことでしょう
子供のころは、贈答用としてフジ同様扱われていた記憶がありますが、いつしか店では見かけなくなっていました
思わず手が伸びて、1つカゴに入れかけましたが、「やめた・・・」
近くのスーパーのりんごには何度も失望させられているので、やめました

・・・でも、ちょっと未練あるんだなぁ
印度りんご&国光りんご🍎

食べて結局がっかりするかもしれませんが、次回見かけたら、買ってみることにします(ФωФ)フフフ・・・


by BakingEveryDayTM5 | 2019-02-12 20:27 | Pastry | Comments(0)

ショソン・オ・ポム

数日パイをUPしませんでしたが、ひとりパイ祭り続いています
何度も作って、手が勝手に動くようになるまで練習して、ようやく第1歩
でも、その第1歩目でかなりそのメニューに飽きてしまうのが困ったところ
ご近所さんにお裾分けしたら、(去年のことなのですが)「息子がスキーに行ってきたんです」とお土産を持ってきてくださったり、一時期レアになりかけていた国産ウィスキーを下さったり・・・と、逆に気を使わせてしまったので、お裾分けはしないのが良いという結論に至りました
このりんごジャムが入っているパイなら主人と娘が食べてくれるので、ある程度のインタバルさえとれば、安心して作れます
・・・でも、今期もそろそろ・・・「もう (´・д・`)ヤダ・・・」が聞かれるかもしれませんが
b0254207_23354312.jpg
まもなくバレンタイン・デーです
今年はまだチョコレートさえ刻んでいません
箱の中に入ったままです
でも、練習しておかないと、忘れてしまいそうです(´;ω;`)
チョコなら主人と娘も好んで食べてくれるので練習しても助かります

パイもチョコも季節もの
冷凍庫のパイの生地がだいぶん消費出来てきたので、そろそろチョコに切り替えかな♪
b0254207_23353225.jpg
今日のように暗くて寒い1日は(人ごみに出るとインフルも怖いですから)チョコでも刻んで過ごしましょう
雪、積もりませんように・・・
b0254207_23355118.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2019-02-09 09:13 | Pastry | Comments(0)

パテ・パンタン(ミート・パイ)

数日パイの写真をUPしませんでしたが、ひとりパイ祭りはまだ続いています
これは『パテ・パンタン』、つまりミート・パイです
イルプルのルセットをベースにしていますが、使用しているオリーブオイルや香辛料が違います
なにより、オリジナルのルセットではパセリの入り方が半端なく多いのですが、パセリが苦手なので・・・
b0254207_13223548.jpg
パイは作ってすぐが生地がサクサクして美味しいですが、ミート・パイは少し置いたほうが肉がなじんで美味しくなるような気がします
温めたら、(底の部分は仕方たありませんが)サクッとした生地を楽しめます
「熟成ミート・パイ!」と、私は勝手に呼んで食べています

熟成と言えば、12月に美味しいもの探検家のSさんにいただいた北海道の共働学舎新得農場のチーズのことを写真だけ撮って、UPしていませんでした
これは大切な備忘録をし損ねるところでした!
b0254207_08555190.jpg
これはいただいてすぐの時にカットした写真です
カットした面をみると、まだまだ若い!
b0254207_09033607.jpg
これはチーズに添えられていた説明書
いただいたときは、どちらのチーズも「若すぎ」でしたが、あえてその変化を見たくて毎日少しずついただきました
そして、賞味期限最終を少し過ぎたころ(最後の一切れ!)の写真がこちら♪
b0254207_09034668.jpg
待つことも美味しさを楽しむこと(*´ω`*)
Sさん、ごちそうさまでした

人も年を取る=熟成と考えたいのですが、熟成だけでは済まされない部分が劣化
あと1か月ほどでまた数える年が増える私ですが、外に少し仕事に行ってみて・・・今の仕事先には60歳以上の方が結構いらっしゃるのですが、皆さん活動的で生き生きなさっているのを見ると、人のやる気というものの大切さを深く感じます
熟成肉のように、熟成チーズのように、いい方向に私も熟成したいと思います(ФωФ)フフフ・・・
b0254207_08553294.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2019-02-06 09:16 | Pastry | Comments(0)

レモン・カスタード・メレンゲ・パイ

ひとりパイ祭りは今日も続いています
今日UPするのは空焼きしたパイ生地にカスタードクリーム+レモン汁+生クリーム+メレンゲを混ぜたクリームをのせただけのシンプルなものです
味も見たまんまのシンプルなおやつですが、クリームが軽くて食べやすいです
メレンゲはイタリアンメレンゲではありませんが、翌日になっても大丈夫
パイクラストもしっかり空焼き+底前面しっかり塗り卵の仕上げなので、翌日になってもザクザクのままです
b0254207_14461033.jpg
パイに添えてあるのはモヒートを作るときに使われるイエルバ・ブエナです
珍しいでしょ
本当に香り良いミントです
ミントが苦手な私でもよい香りだと思うのですから♪
b0254207_15021189.jpg
こうやって水にさして置いたら、根が出てくれないかしら・・・と、期待しているのですが
ちなみに庭で雑草化して繁茂しているミントは数日で根を出します(-_-)
そういうもんですよね  
大事にしているものって大抵弱くて、どうでもいいものが憎らしいほど強いもの
b0254207_14462448.jpg
今日で1月が終わります
あと数日で立春ですか?!
信じられないほどの速さで時間が過ぎていきます

天気予報によると今夜は雪マーク
春になるまで、まだしばらく寒くてインフルエンザ対策の日々が続きます
皆様もどうぞ気をつけてお過ごしください

ひとりパイ祭りは To be continued...



by BakingEveryDayTM5 | 2019-01-31 13:31 | Pastry | Comments(0)

ショソン・オ・餡子

ひとりパイ祭り、本日も続いています
イルプルではリンゴのジャムを入れて焼く『ショソン・オ・ポム』ですが、これはこしあんを入れてあるので、『ショソン・オ・餡子』です
b0254207_23342142.jpg
作りたての生地なので、層と層がくっついていません
b0254207_23342889.jpg
ぬり卵が多かったようで、少し焦げかけています
焼き物はしっかり焼いたほうが美味しいですが、焦げてしまってはどうもこうもありません

ご近所さんにお裾分けしたら、「餡子が嫌いな息子が1つペロッと食べました」というメールをくださいました
子供は正直ですので、このメールがリップサービス抜きの正直メールだったら、何より嬉しいことです

1つにあんこ50g
リンゴジャムの場合と同じグラムにしたら、私には少し餡子が多かったですが・・・(-_-)・・
b0254207_23341329.jpg
バターものと和物あんことの相性って結構いいです
餡子が多い分、コーヒーが進みますわ(ФωФ)フフフ・・・

ひとりパイ祭りはまだまだ続く・・・


by BakingEveryDayTM5 | 2019-01-29 22:55 | Pastry | Comments(0)

ミルリトン・プリューノ

2週間ほど前に行ったイルプルの卒研5のクラスで作ったお菓子をUPし忘れていました
その日、2つのメニューは実習で、1つは実演のみ
今日はまず実習したメニューの1つ『ミルリトン・プリューノ』の備忘録

ミルリトンは地方菓子の1つで、カスタードにアーモンドの粉を入れて焦がしバターを加えたアパレイユを焼いたものです
今回はシナモンの香りを加えたシュクレ生地にプルーンをワインで煮たものと上記のアパレイユを入れて焼いてあります
b0254207_23375254.jpg
見た目がいつもながら地味ですが、食べてみれば、そんな見た目なんかどうでもよくなります
ここ数年よく聞かれる「インスタ映え」には当てはまりませんが、人もお菓子も見た目ではないのですよ

さて、卒研5の日は月曜日でした
月曜日は娘がサンドイッチを作ってくれる日で、お弁当に持たせてくれました
b0254207_10561568.jpg
この日のサンドイッチは茹で豚肉に梅干しとオリーブオイルのソースをからめたものとシソ&キュウリ&レタスを一緒にサンドしたものでした
b0254207_10562366.jpg
がっつり大きいサンドイッチでしたが、ペロリと食べられました
ごちそうさま(*´ω`*)美味しかったです

プルーンを煮たワイン(スタッフさんから飲んでもいいですよ♪と聞いていましたので)も昼休みに美味しくいただきました
クリスマス頃のスパイスのきいた甘いワインと同じような感じでした
b0254207_10563203.jpg
卒研5のレッスンは驚くほど早く終わります
卒研5に限らず、既習内容のものは全て作られているからです
このミルリトンのシュクレ生地は型にきれいにはめられた状態で配られます
楽なような・・・押せ押せ状態で授業が進められているような・・・

明日はもう1品の方をUPします♪


by BakingEveryDayTM5 | 2019-01-27 23:05 | Pastry | Comments(0)

パイの二番生地でウィンナー・ロールとチーズ・スティック

パイの2番生地を使って、塩味おつまみ系パイを作りました
こういう適当に作るお菓子って、できたとこ勝負って感じで、結構楽しいです
b0254207_00230966.jpg
ウィンナーロールのほうに粒マスタードを塗ってからウィンナーを巻こうと思っていたのに、うっかり塗り忘れてしまいました
なので、とっても単純な子供向けおやつになりました
食べるときに、せめて何か香りをプラスしようと、タイムを添えました
これで少しは美味しく感じます

子供のころ、ピアノの練習の時に、課題曲の練習はおもしろくないのに、適当に引く曲が楽しかったものです
課題曲は基本を学ぶためのもので、とても大切なものだったのに、何故でしょう?窮屈な感じがして嫌いでした
パイの練習をしながら、そんなことを思い出していました
基本があるから発展があるのに、基本の練習が窮屈に感じられて、こうして2番生地で生地の厚さ、生地の大きさ、温度設定など適当に作るのが楽しいと思ってしまうのは、いまだ子供のころからの性根がそのままなのでしょうかね
・・・まあ、ちょっと息抜き的に楽しんで、またテキスト通りの厚さ、大きさに作れるよう練習することにしましょう(*´ω`*)

でも、まずは腹ごしらえ♪
ウィンナー・ロールとスープで簡単な昼ご飯 
b0254207_14334776.jpg
腹が減っては戦はできぬ!と言いますから・・・って・・・ん?私にとってパイの練習って、戦争か喧嘩に臨むのと同じ気分になっているのでしょうか?
ちょっとそういう気分かも

いつか、敵が友達になれる日が来るかもしれません
「パイ作りなら、任せて!」と、言える日が来たらいいなぁ(´_ゝ`)






by BakingEveryDayTM5 | 2019-01-25 14:38 | Pastry | Comments(0)

アリュメット・オ・マロン

娘はパイが好きです
・・・が、ナッツアレルギーのため栗を食べることができないので、作るのはもっぱら砂糖だけをふりかけて焼く「ラング・ド・ブッフ」か「アップルパイ」
食べられない栗を使ったお菓子は滅多に作りませんが、今回UPするのは栗のシロップ煮を入れたパイです
しかも、栗だけでなく、アーモンド・クリームも入っているので、娘にはダブルで手を出せないお菓子です
b0254207_00050064.jpg
中に使っているのはスペイン産の栗のシロップ煮
小田喜商店の渋皮煮よりも甘さ控えめ
イルプルのアーモンドクリームと合わせるなら、甘さ控えめの栗のほうが良いかもしれません

「アリュメット」というのはマッチ棒のことで、上生地に切り込みが入っていて、棒のように見えるから
上の写真は切ってしまっているので、その様子がよくわかりませんが、全体図はこのようになっています
(下の写真はリンゴを入れて娘用に焼いたものですが)
b0254207_00051009.jpg
パイの練習、なかなか上手くいきません
大好きなバターたっぷりの焼き菓子なので、上手になりたいと思って練習していますが・・・どんどん泥沼にはまっていっている気がします
やみくもに練習しても上達はしないものです
何が良くないのか、よく考えなければ・・・と思うのですが、それが簡単にわかったら、苦労しません"(-""-)"

この冬もこうしてパイ祭りを一人で開催して終わっていくのかしら・・・
嗚呼 出口が見えないです 

簡単に見えちゃったら、逆につまらないのかもしれませんけど♪
(強がり半分、本音半分(ФωФ)フフフ・・・)

by BakingEveryDayTM5 | 2019-01-24 23:57 | Pastry | Comments(0)

ラング・ド・ブッフ

写真のお菓子は煎餅ではありません パイです
名前は「ラング・ド・ブッフ」、和訳すると「牛の舌」、つまり「牛タンパイ」です
牛の舌のように見えるというだけで、牛タンのすり身は入っていませんので、あしからず
焼く前に葉脈模様をつけて、「リーフ・パイ」という名前で売られていることが多いです

同じように焼かれても、ミルフィーユとは随分見かけが違います
ミルフィーユはクリームがサンドされていて、「わ!ミルフィーユ!可愛い!」とか言ってもらえますが、このブッフ・ド・ラングは「あ、これ、美味しいのよね」としか言ってもらえないことが大半です
私的には、こちらの素朴なパイのほうが好みです
(乾燥剤をしっかり入れて保存しておけば、1週間ぐらいOKですし(ФωФ)フフフ・・・)
b0254207_09392527.jpg
今日の日中は小寒だということを忘れるほどの暖かさ
窓を開けていても寒くないという暖かさ
陽だまりで空が日向ぼっこ
b0254207_23552421.jpg
娘は今日から仕事です
お姉ちゃんのいない部屋を占領中の空です

明日は寒くなりそうですので、皆様風邪ひかないように♪

by BakingEveryDayTM5 | 2019-01-08 23:56 | Pastry | Comments(0)